• Home
  • /
  • Blog
  • /
  • Ikoma
  • /
  • リスニング強化ディクテーション

リスニング強化ディクテーション

スミス英会話生駒校ブログ

ディクテーションによる5つのメリット

スミス英会話生駒校ではたくさんのリスニングの練習をしており、これが生駒校のカリキュラムの芯となります。私は生徒様にリスニング練習時アドバイスや方法を教えています。通常はシャドーイングや聞き取り&リピート練習から始めますが、ディクテーションというテクニックを生徒様から紹介されました。

ディクテーションとは、リスニングで聞いた英文を書き取るトレーニングです。それから生駒校での英会話レッスン内でもディクテーションを使う方法を見つけ使ってきました。多くの生徒様が楽しんでおられ、ディクテーションのリスニング練習でいくつかのメリットがあることがわかりました。

リスニング力向上

ディクテーションをしているだけで、生徒様はリスニングをしています。リスニングは練習するほど聞き取れるようになります。とてもシンプルなのです。ディクテーションが難しいと感じる方も、簡単だと感じる方も、どちらの場合でも聞き取りはさらに上達します。生駒校のいくつかの生徒様はリスニングの練習としてディクテーションの方を好まれます。ディクテーションはモチベーションを高めてくれて、練習方法も簡単でやりやすいのです。そして聞いて書き取るという方法が中学・高校での勉強に似ていて慣れています。これは多くの生徒様にとって始めやすく続けやすいでしょう。このディクテーションは練習するほど上達します。

苦手なポイントがわかる

ディクテーションでリスニングの練習をしていると、聞き取れなかった所が明確にわかります。この聞き取れなかった所は埋められず文の空白になります。もちろん後からその部分は確認できます。そうして自分の苦手なポイントを意識できるようになります。生駒校の生徒様では前置詞を苦手とする方が多いです。動詞の時制が苦手だという生徒様もいますし、十分な語彙力を持てていることがわかった生徒様もいます。どんなポイントであっても、ディクテーションで書き出すことで気が付きやすくなります。

自信がつく

英語のリーディングに自信があってディクテーションの練習が好きな生徒様は、“リーディング”には自信があるが、“リスニング”には自信がないと感じています。ディクテーションを練習して行くと徐々に変わります。“リーディング”よりも“リスニング”に自信を持ち始める生徒様もいます。

単語を予想する

多くの生駒校の生徒様は、リスニングしている文を聞きとれています。1、2個の単語の聞き逃しくらいです。ディクテーションを通して、生徒様は次に来る単語の予想ができるようになっています。単語の予想ができる力が向上すると、自信が持てるようになり間違えを恐れなくなります。そうすると学ぶスピードが上がります。単語が予想できるようになるのはディクテーションの素晴らしい結果です。

分析力

英文の分析力は単語の予想と関連があります。ディクテーションの場合では、聞き取れず空白になっている単語を文法から考えます。

例えば、「They — eating dinner everyday.」と言う文の空白部分が聞き取れなかったとして:空白部分に入る単語は文法的にとても限られたものになります(are, wereなど)。ディクテーションの練習で、聞き取れなかった単語を予想するための文法力の向上にもなります。これはのちにスピーキング力にも役立ちます。

スミス英会話生駒校 レス

英語版ブログはこちら

スミス英会話生駒校シャドーイングページ

スミス英会話生駒校シャドーイングのやり方ページ

無料体験レッスン (マンツーマン・完全予約制)のお問い合わせはコチラから!
日常英会話を学びたい方にはノーマル月謝制コースがおすすめ!
スミス英会話のFacebookをチェック

in Ikoma, Teacher's Thoughts by smithweb | July 16, 2022 | 0 comments

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}
>