日本の人々の好きなところ

スミス英会話塚口校ブログ

こんにちは、スミス英会話塚口校のデレックです。日本には旅行すること以外にも好きなところがたくさんあります。このブログでは、日本の一番好きなところである日本の人々についてお話します。

日本に英会話講師として住んで20年以上の私の経験から、日本の人々は優しくて、礼儀正しく、他人のことを考え気使える人々だと思います。そして秩序を守り、時間に正確です。そのことがわかる例えをお話ししましょう:

優しい言葉

私と話す時、日本の人々は丁寧に話し私に敬意を表してくれます。例えば、私が日本語を使うのを初めて見た時は私の日本語を褒めてもらうこともあります。私の日本語のレベルもあってこれは今まで何度も経験があります。これはとても優しいことだと思います。

お辞儀

お辞儀は、初めての人に会う時、初顔合わせの時、挨拶の時、謝罪の時、感謝する時などいろんなシチュエーションで敬意を表す時にお辞儀が用いられます。私はこの文化が好きです!日本に長く住んでいると、お辞儀が自然と身に付きます!

エレベーターのエチケット

エレベーター内では、日本の人々は静かに過ごして他人の迷惑にならないようにします。ドアの近くに立っている人は、階が変わり他の人がエレベーターから降りた後に“閉まるボタン”を頻繁に押して乗客全員の待ち時間を減らそうとしてくれます。そして中には降りる際に小さくお辞儀をしたり声かけをする人もいます。これは他の乗客が降りない階も止まらなくてはいけないことや先に降りることに対してのお詫びだと思います。とても思いやりがあります。

エスカレーターのエチケット

エスカレーターでは、人々は片側に立って急いでいる人が歩けるようにしています。これも思いやりのある行動ですが、最近では安全のために片側に寄らず立ち止まるように呼びかけられています。

公共交通機関のエチケット

公共交通機関では、人々は大きな声で話したりケータイで話したりせず他の乗客の迷惑にならないようにします。新型コロナウィルス感染症の流行前でも、風邪を引いたら菌をふりまかないようにマスクをするのが一般的でした。そして新型コロナウィルスが流行している今も、電車やバスの中では全員がマスクをしています。他人への気遣いですね。

小さなことにもお詫びを言う

日本の人々は迷惑をかけたり不便な思いをさせたと思ったらどんなに小さいことでもお辞儀と共にお詫びを言います。気遣いのある行動です。

公共の場で怒りを表に出さない

公共の場では怒りを表に出さない人がほとんどです。公共の場で怒りを表に出すことはマナー違反だと考えられています。素晴らしいですね!

秩序を守る

日本の人々はとても秩序を守ります。エスカレーターでは片側に立つのがいい例です。その他の例では、電車やバスを待つ時はいつでも列を作り並びます。そして駅のような混雑した場所では、人々は同じ方向へ行く人に合わせ通路の同じ側を歩き、スムーズな流れができます。これはすごいと思います!

時間に正確

日本の人々はとても時間に正確です。スミス英会話塚口校の生徒様も英会話レッスンの開始時刻に正確にいらっしゃいます。英会話講師として嬉しいです!

日本の人々の好きなところについて、いくつかご紹介しました。私の次のブログでは日本について好きな所をもっとご紹介しますのでお楽しみに!お読みいただきありがとうございます!

スミス英会話塚口校 デレック

英語版ブログはこちら

日本の人々の好きな所

無料体験レッスン (マンツーマン・完全予約制)のお問い合わせはコチラから!
日常英会話を学びたい方にはノーマル月謝制コースがおすすめ!
スミス英会話のFacebookをチェック

in Teacher's Thoughts, Tsukaguchi by smithweb | August 3, 2022 | 0 comments

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}
>