TOEIC対策 5つのコツ

スミス英会話山科校ブログ

こんにちは、スミス英会話山科校のピーターです。山科校に通われている生徒様の中にはTOEICのスコアを上げる勉強をされたいという方が多くいます。そういった生徒様たちはTOEICテストに対して似た苦労を経験されています。今回のブログではTOEICのスコアを上げるためのコツについてお話したいと思います。

 TOEIC対策5つのコツ
スミス英会話山科校、教室内でのピーター先生。
英会話レッスン、TOEICレッスンを行う。

TOEIC対策1

1つ目は、リーディングパートの時間配分です。山科校に通われている生徒様の中でも共通した問題のひとつは、テスト内のリーディングパートの時間が足りなくなることです。TOEICのリーディングパートは75分で3つのセクションがあります。対策のコツ:質問の種類を把握しましょう。手紙・メモ・広告等の英文の一節について、英文の完成、穴埋めや質問への答えが求められます。そしてリーディング最後のパートに一番時間がかかります。最初の2つのセクションの問題で難しい問題があっても、答えを考えるのに時間を使いすぎないでください。後でまた戻ってこられます。

TOEIC対策2

Implication(示唆)&Suggestion(提案)の問題。多くの生徒様から、リーディングパートの“What is implied about?(何を示唆していますか?)”や“What is suggested about?(何を提案していますか?)”という質問が特に難しいという話を聞きます。ここでは、長文を読み、文の内容について、答えが同じ表現で書かれていなくても読み取り理解ができているかを質問されます。質問が理解できれば比較的単純な質問です。

例えば、桜が満開だという文を読んで、“もう春だ。”という答えを探す。Part7の問題では文章や図からヒントを探して正解を見つけます。“Implied(示唆)”“suggested(提案)”“inferred(推測)”という単語が質問の中にある時は、はっきりとした答えは長文の中に書かれていません。これはTOEIC攻略に重要です。

TOEIC対策3

語彙力を鍛える。単語帳を使って語彙を増やすのは効果的でしょうが、楽しくはないかもしれません。私は山科校の生徒様に、英語で本、新聞や雑誌を読むことをおすすめしています。新しい語彙やイディオムを増やせるだけでなく、速く読めるようになる練習にもなるからです。わからない単語が出てきたら、文脈から意味を考えるようにすることでテスト中には使えない辞書に頼るのを減らす練習にもなります。

TOEIC対策4

英語で映画やニュースを見る。洋書を読んでリーディングのスピードが速くなるように、英語の映画、ドラマやニュースは自然な英語に触れられます。そういった英語は自然なスピードで、多種なアクセントや話し方で話されています。TOEICのリスニングパートはたくさんの話し手によって作られているので、練習に向いていると思います。映画やドラマは、Part2の問題によく出題される、発言や質問に間接的だったり漠然とした返答に慣れる助けにもなると思います。

TOEIC対策5

言い換える能力。言い換える能力は重要になってきます。あなたが考えるのと全く同じ言葉を文章の中で使われることは稀です、事実TOEICのリスニングパートでは頻繁に似た音や同じ言葉を繰り返し使ったひっかけ問題が出題されます。山科校では生徒様に、彼ら自身の言葉で表現、または同じ意味のことを違う表現で表すことをすすめています。これは、私が使った語彙をただ繰り返すよりも良い勉強法です。

TOEIC対策5つのコツ
スミス英会話大津校のエドワード先生(左)とスミス英会話山科校のピーター先生(右)
2007年からご近所さん、学校のアクティビティや、TOEIC含めたレッスン内容について一緒に取り組むことが多いです。

スミス英会話山科校 ピーター

英語版ブログはこちら

無料体験随時実施中です

無料体験レッスン (マンツーマン・完全予約制)のお問い合わせはコチラから!
日常英会話を学びたい方にはノーマル月謝制コースがおすすめ!
スミス英会話のFacebookをチェック

in Teacher's Thoughts, Yamashina by smithweb | April 16, 2022 | 0 comments

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}
>