“I go to there” や”I go to home” はなぜ間違いなのでしょう?

“I go to there” や”I go to home” はなぜ間違いなのでしょう?
By Chiharu、スミス英会話大津校

“I go to home.” →「私は家へ帰ります。」と言っているつもりだけれど、この文が間違っていると先生に指摘を受けたという経験はありませんか?私も、高校時代に英会話学校に通っていた頃、何度もこの間違いをしては、先生に正しい言い方を教えてもらっていました。home という単語は、名詞では「家」。to は、前置詞で「~へ」という意味なのだから、”I go to home” でいいのでは?と疑問に思っていました。今回は、この疑問に答えます。

スミス英会話で英会話を始めてみませんか?1番人気はノーマル月謝制コース

 

homeという単語には、様々な意味があります。全ては掲載出来ませんが、一部だけご紹介します。
名詞の「家、家庭、故郷」、形容詞の「家庭の、自宅の」、副詞の「我が家に(へ)、故郷に(へ)」などです。
come やgoなどの、動作を表す動詞と一緒にhomeを使う時は、副詞の「我が家へ」が適用されます。「我が家」という意味には、方向を表す「~へ」が含まれるので、前置詞のtoが必要ないのです。

I go home. =私は家へ帰ります。 といういう風に言うことが出来ます。

それでは、thereという単語はどうでしょう?

こちらも様々な意味があります。一部をご紹介します。
名詞の「そこ」、副詞の「そこに、そこで、そこへ、そちらへ」などです。
homeの場合と同じく、come やgoの後には、副詞の「そこへ」が適用されます。

I go there. =私はそこへ行きます。 という言い方をします。

homeや thereだけでなく、hereという単語も、toを必要としません。これも、副詞の「ここに、ここで、ここへ、こちらへ」という意味が適用され、I will come here tomorrow. =私は、明日ここへ来ますという言い方をします。

こちらの英会話ブログもあわせてどうぞ!

~の間に / ~している間にって英語でどういうの?

「結婚する」「結婚しています」と英語で言うのは少しややこしい?

 

さて、ここで「家へ帰ります」という文に話を戻します。
もし、家についてなんらかの説明を加えなければならない場合は、前置詞のtoが必要となります。例えば、家が自分の妹の家であった場合、my sister’s homeとなります。このhome は、副詞ではなく、名詞です。名詞のhomeには、「~へ」という意味が含まれないので、前置詞のtoが必要になるわけです。

I will  go to my sister’s home this weekend.= 私は、今週末に妹の家へ行きます。
上の文を、「妹の家へ帰ります」と言い換えたい場合は、どうしましょう?
I will go back to my sister’s home this weekend. =私は、今週末に妹の家へ帰ります。

「~へ帰る」や「~へ戻る」と言いたい時は、go やcomeの後にbackという副詞を付けます。backは、「(位置が)もとへ、逆戻りして」という意味の副詞で、名詞の前に置いて「~へ」帰ると言いたい時は、前置詞のtoが必要です。

I go back to Canada. =私は、カナダに帰ります。
She comes back to my house. = 彼女は、私の家へ帰ってきます。
She comes back to my home. = 彼女は、私の家へ帰ってきます。[「my home」のhomeは名詞です。]
I go back home. = 私は家に戻ります。[「I go home」 は、ただ単に「家に帰る」や「帰宅する」という意味です。]

Chiharu、スミス英会話大津校

無料体験レッスン (マンツーマン・完全予約制) のお問い合わせはコチラから!

>