Category Archives for "英会話上達のコツ"

英会話 上達のコツ

エドワードの言語勉強法

私と夫のエドワードは、今年フランス語圏へ旅行する計画を立てています。英語が通じる場所も多くあるので、コミュニケーションに困ることはないでしょう。でも、やはり現地の言葉が話せればもっと旅行が楽しめるだろうと思ったエドワードは、高校時代にカナダで習得したフランス語を勉強しなおしています。 昔はフランス語を話せたのに~と嘆きながらも、一所懸命な彼を見ていると、私も一緒に頑張ってみようかなという気になります。 そんなエドワードが今朝、何かフランス語で読める記事がないかとインターネットを調べていた時、”I can’t find a good article (いい記事がない~)!”とぼやいていたので、 “Why don’t you look for information about whoever or whatever you like in French on Wikipedia (ウィキペディアのフランス語ページで、あなたの好きな人か物の情報を調べてみれば)?”とアドバイスしました。 彼の好きなバンド NOFXや、相撲力士の朝青龍、彼の大好きな街 大津市など、お気に入りの情報をフランス語で読めて嬉しいと大喜びでした。 “You are a wonderful French teacher (Chiharuは素晴らしいフランス語の先生だ)!”と褒めて貰い、私も朝からHAPPYです♪ スミス英会話大津校 Chiharu

もっと

英語で愛情表現できますか?

もうすぐホワイトデーですね!ここでちょっと愛情表現と英語について考えて、ほんわか甘い気分を一緒に味わいましょう。 私がカナダに住んでいた頃、”ホワイトデーにお返しするからね!”と男友達に言うと、”ホワイトデーって何?!”と聞かれて少し驚いたことがあります。もちろん、英語で説明をする羽目になり、相手のリアクション(”Wow! Only men can get presents on Valentine’s Day!? Cool!!!” )が面白かったのを覚えています。ホワイトデーは日本独特の

もっと

表情豊かに英語を話そうー発音改善の近道!?

英語を話す人達を見て、「表情が豊かだなぁ」と思ったことはありませんか?全員がそうだとは言えませんが、私が知り合った大抵の人達は、笑った時や怒った時だけでなく、常に眉や口を大きく動かして話していました。表情豊かな人達を見ながら会話をしていると、私も活気付けられ楽しい気分になります。高校生の頃、そんな人達に少しでも近づきたいと思い、イングリッシュスピーカーの表情を出来るだけ真似しようと、英会話学校で集中して観察を始めました。 日々発音を練習し学校で実践することを心がけていた私ですが、表情を真似するうちに発音が益々

もっと

英会話で言葉に詰まった時の対処法

皆さんは、英会話の途中で言葉に詰まったことはありませんか?会話の流れを止めないよう何か質問をしたり、”Really?(本当?!)”というような間投詞を使って話しを進めることを少し難しいと感じることはありませんか?スミス英会話大津校でこのことに気を留めていらっしゃる生徒さんと授業をする度、私自身の経験を思い出します。 英会話学校へ通っていた頃のことです。言いたい言葉が出てこなかったり、次に何を言っていいのか分からなかったりという状況に陥り、しーんとした静けさの中ただにっこりと笑うしかないという瞬間

もっと

★英語で日記をつけてみよう★

 私が高校生だった頃、自分の言いたい事を英語で上手く表現できず、何度ももどかしい思いをした経験があります。そんな時、英会話学校の先生から、英語で日記をつけることを薦められました。  小学生の頃から毎日一節程の短い日記をつけていた私にとって、日記を書くことに抵抗はありませんでしたが、英語で書くとなると話は別です。先ず、何から書き始めればいいのか分かりませんでしたし、書きたい出来事を表す単語を調べるのも一苦労でした。でも、根気良く続けるうちに、どんどん書くスピードが早くなり、様々な内容を書き表せるようになりました。日記を習慣づけると、毎日最低一度は英語を使うことになるので、英語で考える訓練にもなります。  日記を英語で書く際のアドバイス 1.  知っている単語を使い、短い日記を書くことから始めよう。 2.  書く前に自分にこう問いかけよう;“What did I do today?” 3.  英会話学校へ行った日は、授業で何をしたかを書いてみよう。 4.  新しく学んだ単語を使ってみよう。 5.  日本語で書いた日記をそのまま訳すのではなく、自分の知っている英単語/英文法で書ける範囲の出来事を書こう。 下記の文章を参考に、今日から始めてみませんか? Today, I woke up at (7:00), then I (ate my breakfast) with (my family). Today, I (worked) for (8 hours) and I (came home) at around (10:00). Today, I went to (my school) and I (studied English). […]

もっと

英語の発音改善法のご紹介!

皆さんは、英語の発音を上手くなりたいと思ったことはありませんか。私は、中学生の時に、自己流で発音の改善を試みました。今回は、その方法の一つをご紹介します。  1. どうしても発音しにくい単語を一つ選びます。ここでは、RとLの発音が難しい“world”を使います。  2. 辞書で“world”の発音記号[wэ:rld]を調べ、ノートに書いておきます。先ずはそれを見ながら、時間がある時に何度も発音練習をしてみます。  3. 辞書を眺めて練習するだけでは、生きた英語を身につけることはできません。実際に英会話の講師に自分の発音を聞いてもらい、必要であれば発音を直してもらいましょう。もちろん、その講師の発音も聞かせてもらい、真似をしてみて下さい。英語の発音は国や地方で異なるので、その違いを認識した上で発音練習をすることはとても大切です。  4. 講師に指導してもらったことを頭に置いて、その単語を一週間ほど練習しましょう。一語だけ?!と思われるかもしれませんが、その単語を上手く発音できるようになれれば、それに似た単語も発音しやすくなります。”world”の次は、”girl”に挑戦してみて下さい。きっと発音しやすいはずです。  5. 次は、Thの発音が難しい“theater”のような別の単語を選び、2~4を繰り返しましょう。        単語の発音が上手くできるようになれば、単語のスペルが分からない時も、自分の発音から想像することが可能になりますので、とても便利です! 是非、挑戦してみてください。 大津校講師 Chiharu

もっと
>