自分の好きなこと再確認 in New York City

自分の好きなこと再確認 in New York City
by Chiharu スミス英会話大津校

私は一体何をするのが好きだったんだろう?
どんな服を来て、どこへ行って、何を観て、どんな食べ物をどんな風に食べるのが私流?

カナダでの大学生生活を終え日本に帰り、仕事に就き、結婚し、子供を出産し、毎日の慌しいけど充実した生活を送る中で、少しずつ私自身のことが見えなくなってきていると感じるようになったのはいつの頃だったでしょう。自分以外の人、例えば両親、夫、子供、地域の人たちなどのお手伝いをする時間が、一日の大半を占めるようになると、”MY TIME”(自分のための自分だけの時間)というものを確保するのがとても難しくなりますよね。”MY TIME”が欲しい!必要!と感じる事が「贅沢」であり「罪なこと」という風潮が未だに残る社会で私達は生活しているわけですが、私は、”MY TIME”確保に全力を尽くしても良いと思っています。自分がしっかり休息を取り、心から幸せでなければ、まわりの人たちを元気には出来ないと思うからです。

前置きが長くなりましたが、10年振りに本当の“MY TIME”を確保すべく、一人で遥々NEW YORK CITYまで行ってきました!ここで注目!

ひとりで!!!!!

可愛い息子達は、頼りになる素敵なエドワードにまかせ、香港経由で26時間かけ、自分のために自分だけの時間を自分らしく過ごすためにNew Yorkに到着したのは四月の終わり。まだ少し肌寒いマンハッタンでバリバリ仕事をこなしている妹のマンションに転がり込み、先ずはアラームをセットせずにゆっくり就寝。お弁当作り、授乳、仕事、ゴミ出し、洗濯などのお決まりな行動から一旦離れ、兎に角自分の興味あることだけをすると決め、先ずはセントラルパークでぼーーーーっと人観察したり、読書したり、絵を描いたりしました。ただぼーっとする健康法「呆活」なるものの存在を、母から最近教えてもらったばかりなのですが、確かにぼーっとすると気持ちと体が楽になるだけではなく、色々な事に挑戦する意欲が沸いてくるようでした。

New York Cityに行けたら絶対に訪れたいと思っていたのがMuseums!!全部を回るには時間が足りないので、有名な3大Museumsに限定。私が見たい展示室と画家のみを思う存分堪能しました。American Museum of Natural Historyの広さと展示物のスケールの大きさや内容の濃さに驚かされ、The Museum of Modern ArtThe Metropolitan Museum of Artの展示作品一つ一つに秘められた歴史や文化背景に触れ、どれだけ観ても観たりない気持ちを抑えつつ、出きるだけ多くの展示物や作品に出会えるように速歩きで回りながらもゆっくりと過ごしました。こういう場所は、自分のペースで、行きたい展示室、興味のある展示物を好きなだけ観て回るのが一番!大学時代、人類学を専攻していた私は、文化人類学だけでなく考古学、霊長類学、古生物学などにも興味があるので、New York Cityにあるこの3大Museumsの中でも特にAmerican Museum of Natural Historyに強い感銘を受けました。あー、大学時代にここに来ていたらどんなに勉強になっただろう!展示資料について教授に質問し、学べたらどんなに楽しかっただろう!頭蓋骨の化石を実際に見ながら霊長類の進化が理解できるなんて!素晴らしすぎる!私の妹は、New Yorkで働き始めてもう1年経つというのに、まだAmerican Museum of Natural Historyに入ってもいないと言います。もったいない!私は滞在中に三回も行ったというのに。

妹のマンションから歩いて30分のところにあるブロードウェイ。小学生の頃に母に連れて行ってもらって観た劇団四季の「美女と野獣」に惚れて以来、私はずーっとミュージカルの大ファンなんです。まさか、本場ブロードウェイでミュージカルが観れる日が訪れるなんて夢のよう。Rush ticket(早い者勝ち当日割引券)を確保すべく、早朝に劇場に並び、安いけれど前から2列目という素晴らしい席で”Come From Away“を観ることができました。その他にも、The Phantom of the OperaCHICAGO the MusicalThe Book of Mormonを観ました。The Book of Mormonは妹が前もってチケットを購入しておいてくれたのですが、他のミュージカルのチケットは、Times SquareにあるTKTS Discount Boothで観劇当日に格安で購入しました。どの席も、びっくりするほどステージに近く、The Phantom of the Operaを6列目で観れたときには、感激して泣きそうになりました。Phantomが私のために歌ってくれている!なんて思ったりして。

妹の仕事がお休みの週末には、二人でPhiladelphia & Amish Country Bus Tourに参加しました。昔、アメリカの人気ドラマCSIを観た時に、Amishの人々の生活や文化について少し知り、もっと知りたいと思っていました。今回、ちょうとこのバスツアー見つけ、「良かったら一緒に行かない?」と妹を誘ったのでした。Philadelphiaにあるアメリカの独立と奴隷廃止主義運動の象徴として知られるLiberty Bellの事を学んだり、馬に引かれたAmish Buggyに乗り、Amishのおじ様からAmishの生活について学んだりしました。イタリア語と英語を流暢に話すガイドのお兄さん、スペイン語と英語を話すガイドのおじさん、英語と日本語を話すガイドのお姉さんの三人に囲まれ、イタリア語、スペイン語、英語を一日中ランダムに聞きながらの楽しいバスの旅でした。

他にも、大人な雰囲気のバーから素敵な夜景を観たり、Diana Rossのコンサートに行ったり、City Wineryで行われたJimmy Webb Live Rehearsal Showを妹と観に行ったりと本当に盛りだくさんなNew Yorkの旅行でした。

行こうかどうしようか悩みましたが、本当に行って良かったと思っています。「おいでよ!」と行ってくれた妹、”It’s your chance. You should go!”と笑顔で後押ししてくれたエドワード、「エドワードと子どもたちのサポートは任せて!楽しんでおいで!」と見送ってくれた母に感謝してもしきれません。

Chiharu スミス英会話大津校

 

 

 

Save

Save

Save