母国語を学ぶように第二外国語が学べたら

母国語を学ぶように、第二外国語が学べたらどんなにいいだろうと最近よく思います。2歳の息子がどんどん英語を話せるようになっているので、「あーなるほど、こういう風に母国語を習得するのかぁ。」と毎日の彼の成長ぶりを観察しています。初めは、dadada とかbababaとかしか言わなかったのですが、少しずつmama(お母さん)やdada(お父さん)という単語を覚え、今では”What are you doing?” と質問もできるようになりました。それも、単語をわざと繋げているのではなく、聞いたまま私たちの真似をしているので、発音やスピードはとても自然です。文法を教科書から学んだわけでもなく、単語帳を丸暗記したわけでもありません。ただただ、お母さんやお父さんと意思疎通したいという強い願いのみで習得しているようです。泣くより、言葉を使ったほうが私たちの反応が早くて気持ちがいいのかもしれません。

最近、息子が言うことを、言う頻度が多い順に並べてみます。

1.What are you doing? →一日中これを聞かれます。結構しつこいですよ。その度に私は、I’m cooking now. とか I’m washing the dishes.という風に返します。すると、オウム返しでYeah mama cooking now. Yeah, washing. と息子が言います。

2.What’s that? → これも一日中聞いてきます。その度に、This is a frying pan. とかThis is a teddy bear. と返します。そしてまた息子が繰り返します。

3.Up up, pick up. →両腕を上げながら、抱っこして欲しいときに言います。Do you want me to pick you up? (抱っこしてほしいの?)と聞くと、Yeah, pick up, please. と言います。

4.No clothes on, pajamas on. →朝、着替えたくないとき、パジャマのままがいいと訴えます。オムツを替えたくない時は、No diapers!と叫びながら、笑顔で走り回ります。You don’t want to put your clothes on?  と聞くと、no put clothes on.と息子が答えます。

5.Don’t go outside. Inside, play. →出かけようか?と聞くと、出かけたくないときはこう答えます。Let’s go outside. と私が何度勧めても、No outside, no shoes, no jacket, no—-と言うばかりでなかなか出かけられません。

6.Mama, Dada, 息子の名前, play all together. →3人で一緒に遊びたい時に言います。このall togetherは、皆で一緒にという意味。

7.Running fast, look look mama/dada, (息子の名前) running fast. →最近かなり早く走れるようになったのを私たちに見て欲しい時。

8. Are you okay? →私やエドワードが痛がっているときなどに言ってくれます。Yes, I’m  okay. Thank you. と答えます。

9. Oh no! →何か失敗をすると、ジェスチャーつきで言います。結構かわいいです。

このように、色々なことが言えるようになり、私たちも彼とコミュニケーションがとりやすくなりました。彼の質問には出来るだけ直ぐ正確に答えるようにしていますし、正しくシンプルな文で返事をするようにしています。息子は、そんな私たちの返事を分かる範囲で繰り返して言います。そのうちに、新しい単語や文章を覚えてしまうようです。

こんな風に、気持ちを伝えたい、コミュニケーションがとりたいという強い気持ちと、相手の言うことをしっかり聞いてまねし、間違うことを気にせず繰り返し練習することが出来れば、近い将来その言語を自分のものにすることが出来るようです。

Chiharu、スミス英会話大津校

Comments are closed