カタカナと英語の発音

2010年9月10日(金)

スミス英会話塚口校では、いつも生徒さんに英会話を楽しんでもらい、みなさんの英語力が少しでも向上するように講師の私は頑張っています。 ネィティヴの私がみなさんに出来ることのひとつに “英語の正しい発音” を教えるということがあります。 私はこの英会話ブログに以前にも “正しい発音の仕方-ある日のレッスン-” と “正しい発音の仕方-ある日のレッスン(Ⅱ)-” というタイトルで英語の発音について書きました。 (興味がある方はクリックしてお楽しみください。)

昨日生徒さんの1人が私に発音を聞こうと、いくつかの単語を紙に書いて持って来ました。 私は喜んでその生徒さんに正しい発音の仕方を教えてあげました。 そうしたら何とその生徒さんは、持ってきた紙のそれぞれの単語の下に、彼女が聞いたとおりの音をカタカナで書くではありませんか。 あ~違うでしょ! 私はあわててその生徒さんに、英語の発音はカタカナでは書けないことを伝えました。 子音だけの発音や母音にしても20ちかくある英語の発音と、あ・い・う・え・おの母音だけの発音とその5つの母音と子音の組み合わせで構成されている日本語とは根本的に違うので、英語の発音を日本語のカタカナで書くことは出来ないと説明しました。 英語の発音をカタカナで覚えるのではなく、本当の英語の発音を耳で聞いて覚え、それを反復練習するようにと奨めました。 その生徒さんは私の言うことをよく解ってくれたようでした。 私はその生徒さんがカタカナ・イングリッシュから卒業し、これからも楽しみながら正しい発音を自分のものにしてくれるよう丁寧に教えてあげるつもりです。 この生徒さんは英語学習に大変熱心で、私のレッスンだけでなく自宅でも一生懸命に勉強しています。 私はその生徒さんの努力に拍手を送りたいと思います。 そして頑張った分だけ、その生徒さんの英語力はどんどんアップしています。 ほんとうに素晴らしい生徒さんです! 正しい発音を学び続ければ、その生徒さんの英語はますます良くなるでしょう。

この生徒さんだけでなくスミス英会話の生徒のみなさんが、正しい発音で英語を話したいと思ったとき、何が一番良い方法だと思いますか? スミス英会話の先生に聞くことですか?それはもちろん大事なことですね!(^o^) カタカナ・イングリッシュは駄目だと分っていても、いま聞いた正しい発音を忘れないために、その単語の下についカタカナで書いてしまうという気持ちは私にもよく分ります。 でもそれはしてはいけないことなのです。 もしたとえ忘れないためにカタカナを書いたとしても、それを持ち帰り家で復習したとき、その単語の発音は本当の正しい発音とは全く違うものになってしまっているのです。 こんな勉強法を続けていると貴方の英語は変な発音の、まさにカタカナ・イングリッシュになってしまうのです。 誰もそんなことにはなりたくないですよね! 私は生徒さんには正しい発音で英語を話してもらいたいと思っています。 とは言ってもそれはなかなか難しいことだと思います。 でもできるだけネィテエィヴ・スピーカーの英語に近い発音を心がけてほしいのです。 そうしているうちに本当の発音が身についてきます。 スミス英会話の講師たちには、そのお手伝いが出来るのです。

習った英語の発音を忘れないようにする一番良い方法は、レッスンのときにレコーダー(カセットテープでもデジタルでも)を持って行って、先生の話すことを録音(許可をもらって)することです。 レッスンのあと、家でも電車の中でも、どこででもそれを再生し何度も納得できるまで繰り返し聞くことです。 そして次のスミス英会話のレッスンのときに、自分が会得した発音をぜひスミス英会話の先生にチェックしてもらってください。 もしその発音が間違っていたら、スミス英会話の講師たちはその発音を直してくれます。 この方法を続ければ、みなさんの発音は飛躍的に良くなります!

正しい発音を身につけることはそう簡単ではありません。 しかし英会話を習っている生徒さんにはその努力を是非してほしいと思います。 そうする価値は十分にあると思います。 そうすることでみなさんの英語はもっとナチュラルで、もっと通じるものになると思います。 みなさんの英語学習がますます楽しく、そして発音もよくなることを願っています! みなさんなら出来ると信じています!(^・^)

デレック

月謝制英会話のスミス英会話塚口校

https://smithweb.co.jp/school/tsukaguchi.shtml

尼崎市の英会話スクール

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

>