エドワードの日本語学習法と英会話

最近、私と共にスミス英会話大津校を経営する夫のエドワードの日本語が、急速に上達しています。
カナダで生まれ育った彼は、滋賀県に来るまで全く日本語を勉強したことがありませんでした。しかし、今では、私の家族(日本人)やご近所の皆さんと自然に交流することが出来ます。彼が、ただ日本に住んでいるというだけで、日本語を話せるようになったわけではありません。毎日宿題をしたり、週に2度学校へ通ったり、授業で習った内容をノートに書き写したりと、日々努力しているからです。
勉強を始めてまだ2年半程しか経っていませんが、彼の上達振りには本当に驚かされます。

ある日、私が帰宅すると、

”Look look! I got this sheet from my teacher. May I put this up on a wall in our restroom?” (「見てみて!先生からこの紙を貰ったのだけれど、トイレの壁に貼ってもいいですか?」)と聞いてきました。その紙が、この単語リストです。→
あの日以来、単語リストの数は増え、今では3枚も貼られています。

エドワードの学習法は、英会話学習にも活用出来ると思います。思い返せば、私も英会話を始めた頃、トイレに単語リストを貼ることを薦められ、何年間か実践していました。その他にも、家中の家具に英語で名前を貼り付け(Refrigerator[冷蔵庫]やcupboard[食器棚]等)、その単語を覚えることが出来たら剥がすということもしていました。

普段、私達の会話の98パーセントは英語なのですが、出来る限り、彼の語学のお手伝いもしたいと思います。エドワードが、これからどれだけ日本語を話せるようになるのか、本当に楽しみです!

スミス英会話大津校 Chiharu