英語の発音

2011年2月4日(金)

英会話を勉強中の日本のみなさんにとって、英語の発音はとても大事だと私は思っています。 もし貴方の発音が正しくなければ、どんなに頑張って英語で話しても外国人には伝わらないことがあるからです。 日本で英会話の講師として “やりがい” を感じることの1つに “正しい英語の発音を日本のみなさんに教えてあげられる” ということがあります。

スミス英会話塚口校(兵庫県尼崎市塚口)があるマンションには、色々な職業の人の事務所やお店があるのですが、私の学校のまさに隣の部屋も “1066Tenmumu(テンムム)” というネイルサロンとして使われています。 そしてなんとその経営者のネイリストさんは、私の生徒さんの1人なんです。 この間、その生徒さんのレッスンで、彼女のネイルサロンのお客さんがオーストラリアに行ったときの面白い話を聞かせてくれました。 彼女のお客さんは、いま真夏のオーストラリアでストロベリーアイスクリームが食べたくなって英語で注文したそうなのですが、何度言ってもストロベリーが通じなかったそうです。 その生徒さんは ”ストロベリー“ なんて簡単な英語がなぜ通じなかったのか不思議に思い、私にストロベリーの正しい発音を教えてほしいと言いました。

そこで私は、この日のレッスンで “strawberry” の発音の一番大切な “r” の発音の仕方について勉強することにしました。 “Strawberry” は日本語でも同じストロベリーだし簡単な言葉なのですが、そのスペルに含まれる “r” の発音を日本人がマスターするのは、そう簡単なことではありません。 この日、何度も練習する中でその生徒さんは、多くの日本人が陥る誤った発音、つまり “r” の音ではなく日本語の “ラ行” の音になりながらも、何度かに1度、正しい発音ができるようになりました。 本当によく頑張ったと思います。 “Great job!”です! 私は、その生徒さんがいつも正しい発音で “r” が言えるように練習を続けてほしいと願っています。

“Practice makes perfect!” これは英語の有名なことわざですが “練習することで完璧なものになる” という意味です。 そうです! いつも練習していればいつかは ”r“ も正しく発音できるようになるのです! 彼女にもきっとできます!(^・^)  私は、オーストラリアでストロベリーが通じなかった彼女のお客さんに、スミス英会話塚口校で発音の勉強を一緒にするように勧めたらどうですかとその生徒さんに言いました。 そうすれば、今度オーストラリアに行っても難なくストベリーアイスが食べられるのは間違いありません。<笑>  やっぱり日本では、正しい発音を教えてあげることが私の英会話講師としての大切な仕事だと痛感しています!(^・^)

英語がもっと上手になりたくて正しい発音を身に付けたいと思っている日本のみなさんに、スミス英会話塚口校で楽しく発音練習されることをお勧めします。 さあ私と一緒に勉強しましょう!(^・^)

デレック

月謝制英会話のスミス英会話塚口校 (尼崎市の英会話スクール)

私の学校のホームページです。 お楽しみください。 https://smithweb.co.jp/school/tsukaguchi.shtml

ツイッターもしています! みなさんのフォローをお待ちしています!http://twitter.com/#!/EikaiwaTeacher

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

Comments are closed