今年もスミス英会話の生徒さんの12月は忙しい

2010年12月17日(木)

日本に住んで、日本で英会話の講師をし、日本の女性と結婚した私は、嬉しいことに日本文化に触れる機会が本当に多いです。 この12月も、その1つ “日本の年末は大変忙しい” ということを勉強しています。<笑> 日本では12月は “師走” といって先生も走るくらい忙しい月なのですが、スミス英会話塚口校(兵庫県尼崎市塚口)の多くの生徒さんにとっても大変忙しい月のようです。<笑> では日本人にとって12月はどうしてそんなに忙しいのでしょうか?

1.“今年の仕事は今年のうちに”

主婦も学生ももちろん仕事を持っている人たちもみんな、年内にしなければならない事は絶対に年内にしてしまいます。

2.“忘年会”

“忘年会”、読んで字の如しで、みんなで集まってその年を忘れる会なのですが、忘年会にはお酒が付き物で、その年に起こったこと、良いことも悪いことも、お酒を飲んで全て忘れて来るべき新しい年を気持ちよく迎えようというのです。 忘年会は日本人には欠くことのできない年中行事で、12月になると職場の仲間や友達同士などで何回も行われるようです! なんだかとっても楽しそうですが、もし忘年会が長引いたら翌朝の仕事にひびくんじゃないかなぁ!

3.“大掃除”

新年を迎えるにあたって家を徹底的に磨きます。<笑> 日本のみなさんはとにかく掃除好きで、特に年の瀬には大掃除し、新しい年を綺麗な家で迎えようとします。 私はこんな日本の習慣が大好きです!

4.“年賀状”

日本では新年に “年賀状” と呼ばれる葉書を出す習慣があります。 年賀状は年明け一番の1月1日に着くのが理想ですが、そうじゃない場合もできるだけ1月の早い時期に相手に届くように準備します。 日本郵政株式会社では、年賀状を1月1日にまとめて届けるサービスを行っています。 ただし締め切りがあって、元旦に相手に届けたいときは、12月の25日までにポストに入れなければなりません。 日本の会社では、お正月休暇はたいてい12月の最終週、29日や30日からしか始まりませんので、年賀状を元旦に届くように書こうと思うと、会社の仕事をこなしながらの作業になり、そうでなくても忙しい12月にてんてこ舞いの思いをすることになります。

私の妻は日本人なのですが、CD付きの年賀状雑誌を買って来て、いつもその中から自分でデザインを選び、我が家オリジナルの年賀状を作っています。 そのCDには数え切れないほどの図柄が入っていて、妻はパソコンにそれらを取り込んで、気に入ったデザインに挨拶文(図はCDからですが、挨拶文は妻のオリジナルだったりCDからだったりします)と私たち家族の写真を入れて毎年年賀状を作ってくれます。 それは私が言うのもなんですが、いつもとても良く出来ていると思います。 妻はそれを何人かのスミス英会話塚口校の私の生徒さんたちにも出してくれます。 私はこうして妻が忙しい12月にいつも頑張って、私の生徒さんにまで年賀状を書いてくれるのを有難いと思っています。(^・^)

妻の書く年賀状は、私の生徒さんたちだけではなく、妻の両親や兄弟、親戚、友人、昔の職場の仲間たちなど、ものすごい数になります。 私はこの年賀状も、日本の素晴らしい文化だと感心しています。 私の国カナダでは年賀状を送る習慣はありませんが、クリスマスカードを交換している人たちはいます。 そしてその挨拶文は “Wishing you a merry Christmas and a happy New Year(=クリスマスと新年にご多幸をお祈りします)” という伝統的なものや、または宗教的意味のない “Season’s Greetings(=季節のご挨拶)” といったものがあります。

5.“おせち料理”

お正月用の料理 “おせち料理” を準備します。 これは通常女性の仕事のようです。 日本では年が明けると “お正月” が来て、各地にちらばっていた家族も “全員集合” します。<笑> そして家族そろっておせち料理を楽しみます。 これは他の新年の行事と同じようにお正月には欠かせないもののようです。

わぁホントだぁ! 12月は忙しいですねぇ! こんな忙しい12月にも、時間を作って私のスミス英会話塚口校に通ってくれている生徒さんたちに本当に感謝します! 塚口校の生徒さん!ありがとうございます!(^o^)丿

デレック

月謝制英会話のスミス英会話塚口校 (尼崎市の英会話スクール)

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

私の学校のホームページです。 お楽しみください。 https://smithweb.co.jp/school/tsukaguchi.shtml

ツイッターもしています! みなさんのフォローをお待ちしていますhttp://twitter.com/#!/EikaiwaTeacher

Comments are closed