娘“ティナ”のお宮参り

2010年10月10日(日)

以前このスミス英会話ブログに “私は新米パパ!” というタイトルで、私たち夫婦の初めての子供 “ティナ” 誕生のことを書きました。 ここをクリックしてどうぞそのブログをお楽しみください。 娘のティナはとても元気で誕生7週目を過ぎました。 ご他聞にもれず “目に入れても痛くない” 可愛さです。<笑> 娘は体重も今ではもう5キロ以上もあって、毎日のように私に可愛い笑顔を見せてくれています。(^・^) 妻の明美は出産後の回復も順調で、今は娘ティナの育児に専念し実によくやってくれています。 ちょっと照れくさいですが、妻にこう言いたいです。「ティナの面倒をよく見てくれて本当にありがとう! 家事も頑張ってくれてありがとう!」  娘のティナの世話はほとんど妻がしていますが、私も家にいるときは出来るだけ手伝うようにしています。

スミス英会話塚口校で英会話の講師をしていることや日本人の明美と結婚したことで、日本の素晴らしい文化に1つ1つ触れ、日本にいなければ体験できないさまざまな楽しさを味わっています。 先週の日曜日、その素晴らしい日本文化の1つである “お宮参り” を体験することができました。 お宮参りは、赤ちゃんが生まれて初めて神社にお参りする “初宮参り” のことで一般的に “お宮参り” と呼ばれていて、日本の神道での伝統行事の1つです。 赤ちゃんが無事に生後1ヶ月を迎えられたことを神様に感謝し、赤ちゃんの両親と祖父母たちがその嬉しい報告のためにお参りし、そして神主さんに赤ちゃんの健康と幸福を祈ってもらうのです。 最近では、お宮参りは生後1ヶ月にこだわらず、100日目ぐらいまでのお天気の良い日に行われることが多いようです。 お宮参りについては ここをクリックすれば、もっと詳しくお分かりいただけると思います。 娘のお宮参りは、西宮恵比寿神社(兵庫県西宮市)でしてもらいました。 この日は、妻の両親や弟たちもわざわざ岡山から駆けつけてくれました。 神社に行く前に、私たちは尼崎市塚口にあるフォト・スタジオに行って記念写真を撮りました。 両親の家族と私たち夫婦はそれぞれティナと一緒に、たくさん写真を撮ってもらいました。 何枚かの写真を撮るとき、ティナは日本の着物も着たんですよ。(^・^) 撮影の後で、多くの写真の中から良く撮れているものを選びアルバムにしてもらいました。 この記念写真と神社での経験は、私にとってまた忘れられないものになりそうです。 

日本の伝統文化はほんとうに素晴らしいです。 妻と結婚したことで日本に家族ができ、このような素晴らしい文化に触れられることにとても感謝しています。 また日本の家族である妻の両親や弟たちが、ティナのために折に触れ全員集合してくれることを本当に嬉しく思っています。(^・^)

デレック

月謝制英会話のスミス英会話塚口校

https://smithweb.co.jp/school/tsukaguchi.shtml

尼崎市の英会話スクール

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

  • Yuichi says:

    Hi Derek

    毎日が本当に貴重な日で、これからも、色々と楽しみが増えますね!
    素晴らしい事だと思います。

    おめでとう御座います!

    Carol and Yuichi

    スミス英会話上新庄校

  • Derek says:

    Hi Carol and Yuichi!

    ありがとう!とても嬉しいです!(^.^)

    Derek (デレック)
    スミス英会話塚口校

  • >