私は新米パパ!

2010年8月19日(木)

8月18日 1時35分、無事子供が生まれました。 私たち夫婦で “ティナ” と名付けた我が子は、3,268グラムのとても元気な女の子です。 本当に嬉しさでいっぱいです。

妻の出産はとてもスムーズでした! 8月18日の朝、8時ごろ目覚めると、妻が少しお腹が痛いと言い出しました。 妻はクリニックへ行ったほうがいいと思ったようです。 あっ!ひょっとして今日生まれるのかな? 私はいつでも出かけられるように準備をしていました。 妻は病院でもらった出産前の心構えをしっかり頭に入れて行動しているようでした。 妻が子供を産むクリニックに電話をしたところ、朝食を済ませてから来るようにとのことでした。 朝食のあとタクシーを呼んでクリニックまで行きましたが、私はたぶん10時か10時半までには着けると思っていました。

クリニックに着くと助産師さんでしょうか、その方が妻を診察してくれ、そのあと分娩室に行くまでのあいだ待っているように言われた部屋に通されました。 出産前はリラックスすることが大切で、そうすることによって赤ちゃんが生まれるまでの時間が短くなると教えてもらいました。 それには妻の肩などをさすってやるのが一番で、陣痛の痛みに耐える妻の息遣いを助ける役に立つとのことでしたが、妻は“ひーふーふー”ととても難しそうに、でも頑張って息を整えていました。 私は妻を労わりながら肩をさすり続けましたが、なんて “しんどそう” なんでしょう! 妻は本当によく耐えていましたが、妻も私も一番大変なのは今から生まれてくるティナなんだろうなと思いました。 その部屋には2時間も居なかったと思います。 すべてが順調で計画通り進んでいるようでした。 でも1点だけ計画とは違っていました。 クリニックでは、たぶんその日の夕方に生まれるだろうと思っていたようですが、ずいぶん早まることになりました。 突然、妻はお医者さんを呼んでほしいと言ったので、私がナースコールのボタンを押すと、助産師さんがすぐに飛んで来てくれ妻は分娩室に移ることになりました。

妻と私がその部屋の近くにある分娩室に行くと、助産師さんは 「すぐに生まれますよ」 と言いせわしなく準備をしました。 間もなくお医者さんも来てくれて、私に妻の横に立ってサポートをするように言いました。 私は出産のじゃまにならないように分娩台の妻の枕元から応援をしました。 お医者さんが来て15分もしない内に赤ちゃんは産声をあげました。 わが子が無事生まれた瞬間、私は嬉しさで思わず涙がこみ上げてきました。 それは言葉では言えないくらいの喜びで、これからも一生忘れられないものになるでしょう。

生まれた赤ちゃんは全て、何日間かはガラス張りの小さな部屋に並べて寝かされるので、その前を通る人たちは誰でもその数日間に生まれた赤ちゃんの顔を見ることが出来ます。 ティナも生まれてすぐ、その部屋に寝かされましたので、私はわが子の顔を見に早速その部屋の前まで行きましたが、そこにはもう何人かの人がいてティナのことを見ているようでした。 たぶんティナがハーフ(父親の私はカナダ人で、母親は日本人です)だから興味があったのでしょう。 小さな子供を連れた女の人(たぶん妊娠している)とそのクリニックの受付の女の人でした。 その若い受付スタッフは 「この子は将来モデルになるんじゃないかなぁ」 と言いました。(^・^) そのあと、その人が呼んだのでしょう、また別の若い受付の女の人が来て、「可愛い赤ちゃんがいるって聞いたので見に来ました」 と言いました。(^・^) 今やティナはそのクリニックの受付スタッフの “人気の的” のようです!(^・^)

妻は産後の回復のため1週間入院し、その後 塚口の我が家に戻ってくる予定ですが、私はそれまで毎日、妻とティナの顔を見にそのクリニックに行くつもりです。 妻の両親や兄弟たちもすぐに駆けつけてくれ、ほんとうに有難くとても感謝しています。 今日クリニックの方が、私のためにティナを妻の病室まで連れてきて下さったので、私はほんの短い間でしたがわが子を抱くことができました。 今日8月19日のことは忘れられないでしょう。<笑> ほんとうに感激でいっぱいです。 そのとき撮ってもらったティナと私の写真をどうぞご覧ください。 8月20日からはティナは妻の部屋で終日妻と一緒に過ごすことになりました。 わぁ嬉しいなぁ! 私も、もっともっと長い時間わが子と一緒にいられるぞぉ。(^・^)

スミス英会話 塚口校の何人かの生徒さんは私が父親になることを知っていて、レッスンに来るたびに 「もう生まれましたか?」 と楽しそうに聞いてくれます。 またある生徒さんは私のブログを毎日チェックして、「まだかなぁ?」 と楽しみにしてくれていたようです。 わぁ感激! 心配してくれていたみなさんに、もう子供が生まれたことを伝えたらどんなに喜んでくれることでしょう。 私の生徒さんたちに、ティナの成長を写真に撮って見てもらったり、いつかイベントにも連れて行ける日を今から楽しみにしています!(^・^)

デレック

月謝制英会話のスミス英会話 塚口校

https://smithweb.co.jp/school/tsukaguchi.shtml

尼崎市の英会話スクール

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

Comments are closed