スミス英会話塚口校・川西校ブログ/ カナダ・ケベック州での冬の暮らしと実家のトヨタ・ランドクルーザーを思い出す

スミス英会話塚口校・川西校ブログ/ カナダ・ケベック州での冬の暮らしと、実家のトヨタ・ランドクルーザーを思い出す

By Derek ―スミス英会話塚口校(尼崎市)・川西校

以前私が書いた記事「川西、塚口(尼崎)、そして僕の地元カナダ・ケベック州の冬」では、私の生まれ故郷であるケベック州の雪のことや、そこでの楽しい生活についてお話しました。そう、雪はとても楽しいですよね。でも、車だとスリップという怖さもあります。カナダには、道路を除雪するための特別なトラックがありました。雪や氷を溶かすために、高速道路や大きな道には塩が撒かれ、小さくて使う人が少ない道路には砂が撒かれました。砂だと雪や氷を溶かすことはできませんが、滑りにくくなるのでずっと安全でした。

 

日本産の車はとても素晴らしいですね。私が子供の頃カナダにいたとき、私の父はトヨタのランドクルーザー(写真の車)を持っていました。うちではこの車を30年以上も使っていたんですよ。私も3年間、大学に行くときにこの車を使いました。この車は四輪駆動車だったので、雪の多い冬はとても役立ちました。道路に撒かれた塩や砂のおかげもあって、安全に大学まで通うことができました。でも、出発する前は大変でした。まずはジープに積もった雪を落とさなければなりません。以前、「川西、塚口、そして僕の地元カナダの冬」という記事の中でもケベックの冬の寒さについてお話しましたが、冬に車を発進させるのは塚口(尼崎市)や川西の方がずっと楽でしょう。私の地元では簡単にはいきません。とても寒い気温(-20Cくらい)の中でエンジンをかけるのは難しく、すぐエンジンをダメにしてしまいます。そういうときは、エンジンブロックヒーターというものを使います。うちのランドクルーザーにも付いていましたが、これを使えば簡単にエンジンをかけることができるんです。ブロックヒーターは電気で動くので、ジープのフロント部分にプラグがついています。そのプラグを長い電気コードを使って私の家の外にある電気ソケットにつないでいました。学校がある日の前日は、寝る前にこの作業をしていました。こうしておくことによって次の朝は簡単にエンジンがかかり、スムーズに学校に行くことができたんです。

 

こんな具合で、ケベックの冬はとても大変でした。ですから個人的には、私がいま働いているスミス英会話塚口校や川西校がある、ここ塚口(尼崎市)や川西の冬の方が好きです。(^.^)

無料体験レッスンのお問い合わせはこちらからどうぞ。