<日本の家族とグアム旅行>

2009年5月13日(水)

私はカナダ人ですが日本女性と結婚しましたので、それ以来、日本にも家族ができました。 スミス英会話のゴールデンウィーク休暇を使って、その日本の家族とグアムへ行きました。 私の妻、妻の両親、妻の二人の弟と私は本当に楽しい休暇を過ごしました。 両親は海外旅行が今回初めてでしたが、妻は以前からみんなを何処か海外へ連れて行きたいと思っていましたので、3時間ちょっとのフライトで行ける “アメリカ” グアム島はとても良い選択だったと思います。 それにグアムまでの飛行機代は6人のうち3人分まで、私と妻がノースウエストで貯めたマイルでカバーできたので、これも “Good Job!” だと思いませんか。<>

 

私たちは3泊4日で出掛けましたが、ホテルはあの“ホリデーリゾート&スパ グアム”で、すぐ前がビーチという立地でした。 左の写真は私と妻が泊まっていた部屋のバルコニーから撮ったものです。 きれいな海がすぐ近くに見えるでしょ!

 

 

 

  

グアムでは丸2日間、観光や買い物を楽しみましたが、最初の日はホテル近くの繁華街を歩いてみました。 美味しくて、しかも大きなホットドッグを食べてから、シャトルバスに乗ってグアムの一番の観光地である “恋人岬” へ行きました。 そこは本当にこれ以上ないと言うくらい海がきれいでした。

   

 

そのあと買い物をしました。 ショッピングセンターの中に入ったとき、私は本当にびっくりしてしまいました。 なんと、映画で有名になった “エイリアン” と “プレデター” の金属製のキャラクターが玄関ホールに飾ってあったのです! わぁすごい!

 

前にもグアムに行ったことがある妻から「グアムは日本人観光客が多いので、ほとんどの店員さんが日本語を話す」と聞いていましたが、思ったとおり、どの店員さんも片言の日本語を話していました。 本当にグアムでは日本人は “英語なし” で過ごすことができます。 そのショッピングセンターで私たちは遅い昼食をとりました。 バーガーキングという名前のファーストフード店で “ワッパー” という大きなハンバーガーを食べましたが、メチャクチャ美味しかったですよ!

 その夜、私と妻と、妻の下の弟と3人でホテルの中にあるフィットネス・ルームに行きました。 私と弟はいろいろエクササイズを楽しみましたが、その間、妻はそれをカメラに撮って楽しんでいました。

  次の日は全員でホテルのすぐ前のビーチへ行きました。 私たちは海に入って泳いだり、海岸で“日焼け”を楽しみました・・・いや日差しがスゴかったので“やけど”に近かったかも!<> 妻の弟が“きれいに焼ける”というサンオイルを持ってきていたので、私と弟たち、そしてお父さんまでもそのオイルを塗りました。 わぁ なんてこった! もう真っ黒!<> それから海岸で、お母さんに砂をかぶせる遊びをして大いに盛り上がりました!(砂をかぶせられたお母さんも嬉しそうでした。) グアムの海は最高でしたよ。 眺めがバツグンです。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

海でたっぷり遊んだあと、私たちはホテルのレストランでお昼ご飯を食べました。 ピザはぜ~んぶ 美味しかったです。 昼食のあと全員でお土産を買いに出掛けました。 もちろん私の生徒さんの分も買いました。 (何処かに行ったとき、家族や仕事仲間、または先生にお土産を買うのは日本の素晴らしい習慣で、実際私も生徒さんからお土産を度々もらっています。) 私は“メイド・イン・グアム”のクッキーなどのスイーツをみなさんに買いました。 その日の夕方、ホテルの近くのレストランでラーメンを食べたのですが、日本と同じ味でした。<> グアムは、日本語は通じるし、日本語の案内はあるし、食べるものだって日本と同じものが味わえます。 そのレストランの窓には、大きく日本語で案内が書かれていました。 グアムにいる間、いたる所で日本語の案内を見ました。 本当にグアムは日本人にとって “手軽に行けて楽しめる場所” だと思います。

私たち家族はグアムで本当に楽しい休暇を過ごすことができました。 そしてまたみんなで旅行をしたいなぁと思っています。

ゴールデンウィークの休暇をたっぷり楽しんでいま学校に戻ってきました。 私はレッスンに来た生徒さんにグアムで買ってきたクッキーをすすめ、それを楽しみながらお互いの休暇について英語で話し合っています。 年に何回か、仕事を離れ思い切り休暇を楽しむのは、本当に良いことですね。 家族と一緒に休暇を楽しんで心身ともにリフレッシュできた私は「学校でまた一生懸命頑張ろう!」と、やる気満々になっています。 そして休み明け、生徒さんに会えるのは本当に嬉しい瞬間でもあります。 休暇のあとはいつもそう思って幸せを感じています。

デレック

スミス英会話塚口校

 

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

>