尼崎で楽しく日本語のレッスン

2009年4月17日(金)

私は兵庫県尼崎市塚口に住んでいますが、私の職場であるスミス英会話塚口校とは自転車で数分しか離れていません。

毎週水曜日の朝は阪神・尼崎駅のすぐ近くにある、尼崎市中小企業センターまで日本語を習いに行っています。 兵庫日本語ボランティアネットワークの所属団体である尼崎市国際交流協会の主催で、尼崎市に住んでいる私たち外国人のためにボランティアで日本語を教えてくれています。 授業はマンツーマンで各レッスンは1時間半もあるのに、月謝はたったの1,000円です。 こんな恵まれた日本語学校に通えるなんてラッキーだと思っています。 そしてボランティアの先生方のご好意にとても感謝しています。

一番最近の授業は昨日だったのですが、いつもの先生が来られなかったので、代わりに2人の新しい方々が私の担当になり、私たちはさっそく話し始めました。

2人の先生は私の家族のことや日本での生活について私にいろいろ尋ねました。 私も同じような質問を先生にしましたが、尼崎市塚口の私の学校であるスミス英会話塚口校のことも話しました。 私が英会話の話をしたので、1人の先生が英語検定の一番上の資格である1級を持っていると言うと、もう1人の先生も娘さんが塚口の英会話スクールに通っていると言いました・・・残念ながら私の学校ではありませんが。(^.^)

そしてその先生自身も塚口にある、地域が運営する英語教室にもうすぐ通う予定で、その授業料はとても安いと言いました。 私の生徒さんの中でそういった安価な英語教室に通ったことがある人たちから“そういった英語教室は生徒の人数が多く、少ししか英語を話せない”というのを聞いていたので、その先生に教えてあげました。 私の生徒さんたちが言うには“せっかく英会話を習うのなら、もっと生徒が話せる時間がある学校は?と探して辿り着いたのがスミス英会話だった”そうです。 実際、私の学校は最高で1クラス3人ですから、生徒さんが話す時間は充分とれます。 勿論、その先生が行こうとしている英語教室が、人数が多くて駄目なのかどうかはわかりませんが・・・。

私はその日本語の先生に「もし今度行く英語教室があまり良くなかったら、ぜひ私の学校に来てください」と言うと、先生は「はい、そうします」と言ってくれました。 この話をしているとき私は、スミス英会話のTシャツを着て、スミス英会話のジャケットを椅子に掛け、スミス英会話の帽子を横に置き、そしてスミス英会話の名刺を先生方に見えるように机の上に置いていました。 スゴイでしょう! さあ私に電話してください!<笑>

デレック<スミス英会話 広報担当?> (^.^)/

スミス英会話塚口校

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

Comments are closed