★英語で日記をつけてみよう★

 私が高校生だった頃、自分の言いたい事を英語で上手く表現できず、何度ももどかしい思いをした経験があります。そんな時、英会話学校の先生から、英語で日記をつけることを薦められました。

 小学生の頃から毎日一節程の短い日記をつけていた私にとって、日記を書くことに抵抗はありませんでしたが、英語で書くとなると話は別です。先ず、何から書き始めればいいのか分かりませんでしたし、書きたい出来事を表す単語を調べるのも一苦労でした。でも、根気良く続けるうちに、どんどん書くスピードが早くなり、様々な内容を書き表せるようになりました。日記を習慣づけると、毎日最低一度は英語を使うことになるので、英語で考える訓練にもなります。

 日記を英語で書く際のアドバイス

1.  知っている単語を使い、短い日記を書くことから始めよう。

2.  書く前に自分にこう問いかけよう;“What did I do today?”

3.  英会話学校へ行った日は、授業で何をしたかを書いてみよう。

4.  新しく学んだ単語を使ってみよう。

5.  日本語で書いた日記をそのまま訳すのではなく、自分の知っている英単語/英文法で書ける範囲の出来事を書こう。

下記の文章を参考に、今日から始めてみませんか?

  • Today, I woke up at (7:00), then I (ate my breakfast) with (my family).
  • Today, I (worked) for (8 hours) and I (came home) at around (10:00).
  • Today, I went to (my school) and I (studied English). I felt (happy) because I (could speak English very well).

スミス英会話大津校講師 Chiharu

  • […] どれも、自分のためになったと思いますが、私が特に「これはいい!」と感じたのは、英語で日記を書くことでした(英語日記に関する記事→英語で日記をつけてみよう)。毎日、その日の出来事を1,2行だけでもいいので英語で書くことが、凄く英会話力向上の役に立ちました。書くだけでも効果はありましたが、より上達を実感できたのが、自分の日記の音読。口から英語を絞り出すイメージで、声に出してただただ読みました。 […]

  • >