★映画で英語を楽しもう★

 皆さんが日本で英語を学ぶにあたり、難しいと感じることは何ですか?

 文法や単語が苦手なのであれば、中学校や高校の英語の教科書を復習したり、参考書を使い勉強することができます。

 問題は、英語を流暢に話せるようになる為に必要不可欠である英会話実践の場が、限られている事だと思います。日本では、英語を話せる相手に出会う機会が少ないですし、日本語が飛び交っている日常では、英語圏の国々に住む人達のように英語を自然に聞きながら生活することが困難です。

 そんな環境の中、少しでも英語圏の国に住んでいるかのような体験をし、英会話学校に通って得られる経験を最大限に生かせるようにと、私が高校生の頃に考え実践していた勉強法の一つをご紹介します。

 それは、映画を字幕なしで観ることです。

 「そんなの難しくて無理!!」と思われるかもしれません。実際に、当初は私も、「こんなの全然分からない!!」と嘆いていました。しかし、これを実践し始めてから暫くすると、英会話学校の授業開始と同時に、無理に考えなくても自然に英語が出てくるようになりました。今まで知らなかった単語や、口語的表現も覚えられるようになりました。

 最近では、DVDで映画を観ることが出来るので、音声切り替え機能を使えば簡単に映画を字幕なしで観ることができます。ご自宅のテレビに音声切り替え機能があれば、テレビで放送されている映画の音声を英語に切り替えて鑑賞できます。字幕に影響されることなく、有りのままの映画を楽しめます。

 英語をスラスラと話す人は、日本語で考えたことを英語に訳しているのではなく、英語で考え、伝えたい内容をそのまま発声しています。

 映画の場面展開を理解しようと思うと、観ている私達も英語で考えないとついていけません。そこで、映画を字幕なしで観る習慣をつけると、自然に英語で考えることができるようになります(もちろん、語彙力を向上したいという気持ちと努力も必要です)。

 でも最初から新しい映画に挑戦するのではなく、一度か二度観て内容を知っている映画でお試し下さい。

 お勧めは、単語が比較的易しいアニメ映画です。

 特に私は、ジブリ映画の「ハウルの動く城」をお勧めします。先ず、日本語で観て、次に英語で観て下さい。英語に変えても、話の内容を知っているので、楽しめると思います。英語が分からなくても焦らないで下さい。何度も同じ場面を観るうちに、英語が聞き取れるようになります。気に入った台詞があれば、ノートに書いておきましょう。

  英語を字幕なしで観るこの方法は、日本に居ながらにして英語漬けの環境を簡単に作ることが出来ます。忙しい人も、何か用事をしながら映画をテレビで流しておくだけで大丈夫です。知っている単語やフレーズが出てきたら、直ぐに真似をして声に出してみましょう。英語を話すスピードをネイティブ並みにする練習になります。

 ディズニーやジブリの映画で特訓をしたら、次にお好きな映画で挑戦してください。

 お勧め

 ラブコメディ好きの方なら、「ラブ・アクチュアリー」(”Love Actually” 2003

                         「ホリデイ」(”The Holiday” 2007

アクション好きの方なら、「スピード」(”Speed” 1994) 

            「スパイダーマン」(“Spiderman” 2002

ファンタジー好きの方なら、「ネバーエンディングストーリー」(“The Neverending Story” 1984

 もし可能であれば、英会話学校の授業を受ける前に、15分間だけでも映画を字幕なしで観て下さい。きっと、英語が口から出易くなりますよ!

 スミス英会話大津校講師 Chiharu

 

>