マーク・スミス

スミス英会話創立者 マーク・スミス


スミス英会話

スミス英会話は、講師が各学校のオーナーも務める英会話スクールです。1996年、日本ではチケット制や一括前払い制の大手英会話スクールが大半を占めていました。私たちは生徒さんや講師たちからいろいろな不満を聞きました。特に大手英会話スクールは、生徒や講師のケアをほとんどしていませんでした。生徒も講師も良くない扱いを受けて、お金を失っているだけ。私たちはそんな状況を変えなくてはならないと思ったんです。
前述したように、私たちは今、講師が各学校のオーナーも務める英会話スクールを展開しています。スクールの本部は1996年に設立され、20年以上安定した運営を続ける企業です。当社は英国MBAをもつビジネスのベテランがトップで運営していますが、各スクールは講師が運営を行っています。また運営のサポートとして、大阪にある本部から親身で献身的なスタッフが配属されています。

私たちが意識的に行っているのは、スクールで生み出された収入のすべてを、さらなるスクール運営のために講師やスタッフに活用してもらうことで、生徒さんにも講師にもさらに大きなリソースをもたらすという運営です。私たちは大胆なビジョンを効果的かつ効率的に推進し、生徒さんや講師にとっての一貫した成果と成功を収めています。

スミス英会話には、お金のために働く講師はいません。彼らはとにかく教えることが好きで、お金は自分のライフスタイルに合う分だけあればよいという考え方です。スミス英会話ではどのスタッフも講師も、「人」や「地球」のことをとても考えています。そして、「与えること」の大切さを信じています。私たちは人やこの地球に貢献するために、そして日本や世界中の貧困をなくすために時間や資金を使っています。当社は資本としては小さな会社ですが、ビジネスセンスは日本にある他の講師が運営する英会話スクールよりずっと優れています。私たちは1996年から常に成長するために時間を使い、そのノウハウを20年以上も積み上げてきました。

トリプルボトムラインの考え


スミス英会話

日本で広がる「トリプルボトムライン」

こんにちは。大阪のスミス英会話福島校 マークです。
私は、トリプルボトムライン(Triple Bottom Line)の考え方を取り入れている企業を全面的に応援しています。トリプルボトムラインとは、企業活動を通じて同時に3つの利益を生み出すという考え方です。

経済的利益 社会的利益 環境的利益

他の人々や地球環境を傷つけてまで金銭的な利益を求めるべきではないということは、世界中の企業が理解を示すようになりました。

例えば、日本にあるこのホテルは、素敵な部屋を提供して人々を満足させています。また、水の使用量や排水量を減らすことで地球環境にも貢献しています。そして、お客さんに一度使用したタオルを洗濯に出す前にちょっと考えてもらうことで、洗濯のコストを減らし、ホテルの利益をも生み出しています。

これは「企業活動を通じて同時に3つの利益を生み出す」ということのとても良い例です。スミス英会話もトリプルボトムラインの考え方を全面的に支持し、日本がSDG(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)の世界的リーダーになるために貢献しています。

スミス英会話
>