Homework # 2 「be interested in」

英文を書いたり作ったりするのって大変ですね。前置詞はどれ?be動詞は必要?どの表現がしっくりくるの?と考え始めると、すごく時間がかかってもうヘトヘト・・・。

そんな時、使い回しのきくセットフレーズを丸覚えしちゃえば細かいミスをする心配が格段に減ります!

いろんなシチュエーションで使い回しの利く表現は、その型紙に合わせて時制、主語、動詞などを少し取り替えるだけで全く新しい(ようにみえる)文章が作れます!

ここで英文を省エネで作成する術を身につけましょう!

今週の表現

I’m interested in living abroad.

(海外に住んでみたいなと思っています。)

       

(主語) (be動詞) interested in ○○

: (主語) は ○○ に興味があります / 関心があります

○○の部分には名詞が入ります。これは、「~しようかなって思ってるんです」「 ~するの、面白そうだなって思ってるんです」のようなニュアンスで行動したいことを言うときにも使えます。その時は○○の場所に動詞ingを入れます。

I want to live abroad. だと「海外に住みたいんだ!」という比較的強い願望が現れますが、それに比べてこの表現だと「興味があるんです」といった軽めのニュアンスになります。

be動詞のあとにnotを入れて否定形にすると「○○には興味ありません」という文になります。

[media id=118]

[media id=119]

[media id=120]

実際に使ってみましょう

Your friend: 「I wish I had some hobbies, but I can’t find them.」

(何か趣味があればと思うんだけど、見つからなくて。)

お友達は趣味が見つからなくて悩んでいます。あなたが興味のあることを紹介するか、お友達が関心のありそうな事を連想してお勧めしてみて下さい。

例:In my case, I’m interested in …

(※ in my case  私の場合)

If you are interested in …

 

☆  より効果をあげるポイント(効果が倍増するポイント)☆

みなさんが、レッスン中や英語を使う状況で実際に言う(書く)かもしれない文、言ってみたい(書いてみたい)と思う文にしましょう。

あなた自身の状況に置き換えて文を作ってみてくださいね。