Category Archives for "The Small Room"

アメリカ滞在記~中学2年生の私~準備編

中学2年生の時、滋賀県大津市中学生海外派遣事業で県立中学2年生17名と引率の先生方と、姉妹都市のアメリカ・ミシガン州ランシング市を訪れました。この10日間の派遣事業で、私の夢や生活ががらっと変わり、今の私がいます。この素晴らしい経験をさせて頂けて、本当に感謝しています。 中学生の頃の私は、親や友達の意見や他人からどう思われているかを気にし過ぎて、自分を見失うことがよくありました。ある日、学校の廊下に張られた「海外派遣参加者募集」のチラシを見つけ、親や友達から離れて自分を試してみたい!と思い切って申し込んでみました。 派遣に参加できることが決まった時、嬉しくて

もっと

<チームワーク>

 2009年3月20日(金) 3月6日のブログに、スミス英会話・川西校Smith’s School of English Kawanishi Schoolのジョンと協力し、お互いの学校のビラ配りをしたことを書きましたが、岡本校Smith’s School of English Okamoto Schoolのアルからも一緒にビラ配りをしようと、つ いこの間誘われました。 ちょうど私もアルに声をかけようと思っていたところだったので驚いてしまいました。 さっそく来週、岡本校のアルと2日間、川西校のジョンとも日を変えて2日間、それぞれ2校でビラ配りをすることになりました。 すごいでしょう! 岡本校のアルはなんと大津校Smith’s School of English Ohtsu Schoolのエドワードとも来週ビ ラ配りをするそうです。 これらはスミス英会話各校のチームワークの良さの一例です。 私たちスミス英会話のフランチャイズ各校はお互い協力し合っています。 何度もこのブログに書いていますが、私たちスミス英会話では“TEAM(チーム)”を合言葉に、つまり“T”はTogether(協力して)、“E”はEverybody(みんなで)、“A”はAchieves(成し遂げる)そして“M”はMore()で、これからも最高の仕事ができるよう、みんなで頑張っていきたいと思います。 デレック スミス英会話塚口校 ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

もっと

本当の月謝制とは

本当の月謝制とはどういうシステムのことを言うのでしょうか。それはレッスン料を月毎に支払うシステムのことです。最近よく耳にする「月謝制」というのは本当の意味での月謝制でしょうか。それらの学校の多くはポイント制を採用しています。ですから本当の意味での月謝制・英会話学校を探すとすれば、スミス英会話しかないと思います。分かりやすく、尚且つ安心してレッスンを受けられるシステムです。月謝制とは生徒の皆さんに余分な負担をかけない、安全で、合理的なシステムです。   スミス英会話岡本校 Al

もっと

ニュージーランドからKia Ora!(2009年4月のお知らせ)

安定した日本の一部上場企業から海外の現地企業へ転職するという選択肢を選んだ私は実は今、非常に不安定な雇用状況にあります。話は長くなりますが、事の発端は現在勤める研究所の90%の取引先である自治体が今年9月までに契約を打ち切り、更に契約金の安い元ペーパーカンパニーとの契約を望んだことから始まりました。これまでに裁判などで一度は勝訴したものの結果的には敗訴し、今、企業としての存続が危ぶまれています。新しい取引先は人材を獲得すべく、画策し、現在の研究所は相手を困らせる手段に人材留保(面白おかしく言い換えると人質?!)を画策するという正に持久戦状態。人材の有り余る日本ではあり得ない状況です。私たちの仕事はこの国では…

もっと

英語を使うイベントに参加しよう!

ハイキングのビデオはこちら “Wow!! This is so steep!” 「わお!急な坂やなぁ!」”How long will we hike?” 「何時間ぐらい歩きますか?」”Where shall we eat lunch?”「ランチはどこで食べる?」”Let’s take the cable car back.” 「帰りはケーブルカーを使おう。」どこで交わされた会話だと思いますか? 先日、スミス英会話大津校と上新庄校との合同イベントで、比叡山へハイキングに行ってきました。滋賀県大津市にある石山駅で18人の参加者が集合し、そこから京阪電車で比叡山のある坂本駅へ向かいました。緑に囲まれ、琵琶湖の美しい景色を眺めながら約3時間のハイキングを楽しみました。初めて出会う参加者同士、滝のほとりで会話を交わしながら休憩したり、お互いを支え合いながら歩き、自然に友情も深まったようです。 行き帰りの電車の中、ケーブルカーの中、ハイキング中、ランチタイム、写真撮影中など、どの場面でも英語が飛び交っていました。自分がこのような環境にいるということが、ふと不思議に

もっと

TOEIC Free Lessons

皆様、 下記のブログを書きました。TOEIC スコアを上げたい人はお読みになって下さい。色んなオンライン・レッスンがあるので全て試した方がいいですよ。やっぱり英語を使う時間は一番大事ですね。それからいい先生といい学校を見つけることも大事ですね。 Improving your TOEIC score   スミス英会話岡本校 Al

もっと

ニュージーランドからKia Ora!(2009年3月のお知らせ)

私の暮らすAucklandはNew Zealandで最も人口の多い国際色豊かな都市です。 二つのハーバーに挟まれるように位置していることから市内のどこからでも身近に海に出ることができます。ハーバー添いには多くのヨットやボートが停泊し、その為に「City of sails( 帆の街)」の愛称で呼ばれています。湾内でも適度な風にも恵まれているので休日にはゆったりと風に帆をはらませながら進むヨットを眺めることができます。 今年は1月30日から2月14日にかけての2週間に渡り、Aucklandで新しい国際ヨットレース“ルイ・ヴィトン・パシフィックシリーズ”が開催され、世界の強豪12チームが顔を揃え、腕を争うレースとなりました。 初回優勝チームはナント!エミレーツチームニュージーランド!しかも5勝0敗という圧勝で、帆の街としても名誉を守ったと言えますね。 ニュージーランドの魅力はなんといっても美しい自然。その自然と戯れることが何よりの娯楽となっています。1時間もドライブすると緑深い原生林や牛や羊の姿が点在する牧場、黒砂ビーチや灯台のある半島などに辿りつくことができます。安い、無人のゴルフ場も点在し、10$くらいを集金BOXに入れて勝手にプレイすることもできます。ゴルフ好きには…

もっと

私が英会話学校のオーナーに?!

“英会話”に出会って以来、コミュニケーション手段の一つとして英語に夢中になり、ただひたすら英語上達に力を注いできた私ですが、まさかスミス英会話大津校のオーナー/講師になれるとは予想していませんでした。将来、英会話を教える仕事が出来れば素敵だなという思いはありました。しかし、皆さんもご存知の通り、英会話講師になる為にはネイティブであるということを前提としている学校や、日本人講師は幼児や子供を教えるものだという考えの学校が多いのが現状です。大人や子供を問わずどの生徒さんも教えることができ、自分の経験を基に生徒さんの英語力向上をお手伝いできる場所を、私はスミス英会話に見つけることができ本当に嬉しく思っています。素晴らしい仕事の機会や人との良い出会いというものは、ある日突然やってくるものですね。 オーナーとして勤め始めて以来、多くのスミス英会話オーナーに出会い、会話の中で生徒さんへの心配りや、授業に対する熱心さを感じとても心が打たれました。私も高校生の頃に大手英会話学校へ通いましたが、その学校ではここまで生徒一人一人の英語力向上に熱心なオーナー/講師には出会いませんでした。高校時代に、スミス英会話を知っていたらなぁとよく思います。もちろん、英語力向上には、自分自身のやる気や努力が必要ですが、頑張っている自分を心からサポートしてくれる場所があり、頼れる講師がいるというのは英会話上達に不可欠だと思います。 この素晴らしい機会を大切にして、これからも皆さんから頼って頂けるようなオーナー/講師であるよう日々努力します。 スミス英会話大津校オーナー/講師 Chiharu

もっと

英語は何故日本人にとって難しのでしょうか。Why is English So Hard for Japanese Students?

何故日本人にとって英語はそんなに難しいでしょうか。私は30年前に日本語を学んだアメリカ人です。下記のような理由があります。下記はパート 1です。パート 2 次回までお楽しみです。   日本語と英語の語順は違います。例えば英語のSVOのパターンに対して、日本語の語順はSOVです。First, Japanese and English have completely different syntax or word order. 英語の文法に必要なものの中には日本語には存在しないものがあります。例えば、前置詞と冠詞です。加算と不加算名詞が英語にありますが、日本語にはありません。文章を作るときその文章に使う主語や目的語などが加算名詞か不加算名詞かを見分けて冠詞の “a” や“an”又は “the” が必要か否かを決めなければならないのです。日本語にはそいうものがないから、英語は面倒くさく感じます。English grammar requires things that do not exist in Japanese. For example there are prepositions and articles. Also, English has countable and uncountable nouns. These do not exist in Japanese. When making an English sentence, you have to […]

もっと
>