Category Archives for "Sagamihara"

スミス英会話相模原校ブログ – スミス英会話からのTip(アドバイス)-日本では「チップ」は必要ありません !

スミス英会話相模原校ブログ ― スミス英会話からのTip(アドバイス)- 日本では「チップ」は必要ありません! 日本では、スミス英会話の講師を含め、誰にもチップを渡す必要はありません!スミス英会話相模原校のオーナー兼講師のジムです。多くの方がご存知の通り、

もっと

スミス英会話相模原校ブログ – 変化への対応

スミス英会話相模原校変化への対応

スミス英会話相模原校ブログ – 変化への対応 私は1年半前にこのとても活気のあるまち、相模原にスミス英会話を移動させました。相模原は、レストラン、バー、カラオケやボーリング場などで賑わっていて、正直に言うと騒々しい場所です。駅からとても近く、バス、タクシー、救急車や車などが終日夜遅くまで行き交っています。それらの音に慣れるには時間がかかりました。しかし、

もっと

スミス英会話相模原校ブログ -昔からの仲間たち

スミス英会話相模原校ブログ - 昔からの仲間たち

スミス英会話相模原校ブログ – 昔からの仲間たち 〈2020年4月〉私の名前はJimです。神奈川県相模原市で15年間、「スミス英会話」のフランチャイズオーナー兼講師として働いています。〈遡ること1979年10月〉私はアメリカ陸軍に採用されました。当時18歳。私の人生の旅はここから始まりました。ミュージシャンとして入隊し、トロンボーン奏者として世界のどこかのアーミーバンドに配属されることになっていました。

もっと

スミス英会話相模原校ブログ- スミス英会話相模原校(神奈川)に通う生徒様の目的の多様性

スミス英会話相模原校(神奈川)に通う生徒さんの目的の多様性

スミス英会話相模原校(神奈川)に通う生徒様の目的の多様性 スミス英会話相模原校ブログ スミス英会話相模原校で私が時々するのが、生徒様全員のファイルを開いて、それぞれの上達状況や、あとどれくらいで次のレベルに上がれるかを確認することです。さらに今回は、最初に受けて頂いた体験レッスンのレポートを見ながら生徒様の英語を学ぶ理由について見直しました。予想通りあまり多くの共通点は見つかりませんでした。

もっと

スミス英会話相模原校ブログ- スミス英会話相模原校をしばし離れ、温泉旅行へ

スミス英会話相模原校

スミス英会話相模原校ブログ – スミス英会話相模原校をしばし離れ、温泉旅行へ スミス英会話は、私たち講師に旅行する時間をくれます。そのおかげで私たちはリフレッシュでき、質の高いレッスンを提供し続けることができています。このシステムを利用して、私は昨年の12月に熱海に一人旅をしました。熱海は伊豆半島の海岸エリアにある温泉の街です。

もっと

スミス英会話相模原校ブログ – 移り変わる日本の季節

スミス英会話相模原校移り変わる日本の季節

スミス英会話相模原校ブログ – 移り変わる日本の季節 ここ日本では、新しい季節が来るたびにリフレッシュされるような、新しい気持ちに変わるような感覚があり、それぞれの形で生命の大切さを強く思い出させてもらえます。そして驚かされるのは、自然というものはこれほどまでに大きな変化に上手く対応し、適応しているのだということです。日本では祝日の名前からも文化を感じることができます。――「海の日」「山の日」「秋分の日」など。どの季節にもある種のお祝いが存在します。

もっと

スミス英会話相模原校ブログ – 今まで受けたことのないようなサポート

今まで受けたことのないようなサポート

スミス英会話相模原校ブログ – 今まで受けたことのないようなサポート 決断 昨年の秋、私は自分の人生に、スミス英会話と共に過ごした人生に変化を加えなければならないと感じました。これは新しいチャレンジです。私は自分の決断を具体的に3つに絞り込みました。

もっと

スミス英会話橋本校ブログ – All That Jazz 中野渡章子さん

All That Jazz 中野渡章子さん – スミス英会話橋本校ブログ 中野渡章子さん。彼女とは今年の春、地元のジャズコンサートで出会いました。ビッグバンドの前で彼女が歌ったのですが、それはもう綺麗な歌声でした。私と章子さんはそのあとすぐにFacebookで繋がりました。 それで知ったのですが、彼女はプロのジャズシンガーで、銀座の高級クラブなど全国で歌っているそうです。そしてもうすぐ九州で公演をするそうです。

もっと

スミス英会話橋本校ブログ – サユリの英語サクセスストーリー

スミス英会話橋本校ブログ – サユリの英語サクセスストーリー サユリが私の体験レッスンを受けたのは、およそ5年前。 たぶん彼女は入会しないだろうなと思いました。とてもシャイでかなり緊張していたからです。ところが嬉しいことにその予想は外れ、彼女はマンツーマンレッスンを受講することになりました。最初の10回くらいはとても注意深く、しっかりと順を追ったレッスンをしました。すると彼女は誰よりもよくできるようになってきたので、3ヶ月くらい経った頃、彼女がどれくらい英語でコミュニケーションをとれるかを見ながら、リアルな会話を練習していくことにしました。

もっと
1 2 3
>