スミス英会話福島校ブログ- 「正しい英語」について思うこと

スミス英会話福島校

スミス英会話福島校ブログ -「正しい英語」について思うこと

英語を話す上で、文法や構文などのルールを知ることは大切です。しかし、そうした知識を身につければ必ず英語が話せるようになるでしょうか?
こんにちは、スミス英会話福島校の講師、マーク・スミスです。今日は皆さんに「正しい英語」と、英語を流暢に話せるようになることについて少しお話ししたいと思います。

私は、国籍上はイギリス人です。しかし、これまでの人生では様々な国で暮らしてきました。そこから言語への興味を持つようになったのだと思います。日本には1989年から住みはじめ、英会話を教えるようになったのは1996年からです。それ以来、英語が話せるようになった生徒さんをたくさん見てきました。そこから断言できるのは、彼らは「正しい英語」を使うのが上手かったわけではないということです。

スミス英会話の講師の1人がリチャード・カールソンの『Don’t Sweat the Small Stuff(小さいことにくよくよするな!)』という本をくれました。この本には、「小さなことを気にしなければ、人生はもっと幸せになる」ということが書かれています。英会話の上達についても、私は彼の考えに賛成です。私たちは英語の細かいルールを気にするべきではないのです。たとえ少し言い方がおかしくても、とにかく話すべきなんです。

20カ国語を話し、言語学習動画で非常に有名なユーチューバー、スティーブ・カウフマンも、外国語を話すときは文法などのルールに重点を置くのではなく、もっと大きな視点を持たなければいけないと言っています。その大きな視点とはもちろん、コミュニケーションをとることです。つまり、相手に自分の言いたいことを伝えることです。

スミス英会話のレッスンでは、初めて思い通りに英語が話せるようになって嬉しそうにしている人をたくさん見てきました。それはただ嬉しそうというのではなく、本当に充実した笑顔で心から喜んでいる姿です。どうしてそんな風になれるのか?答えは簡単です。私は皆さんとの最初のレッスンでまず、とにかく学校で学んだルールを全て忘れて、英語を話してみてほしいと伝えます。

最初は皆さん緊張して堅苦しく、確かに正確でない英語を話しています。ここでの私の仕事は、とにかく生徒さんの話を聞くこと。私が話を止めるのは本当に生徒さんの言っていることが理解できなかったときだけです。なので、話していることを理解できれば、英語に間違ったところがあっても気にしません。私はただ、生徒さんが話し出すのを待ち、それを聞きます。そして生徒さんが全てを話し終えたら、「いま聞いたことはすべて理解できましたよ!」ということを伝えます。実際、いつもちゃんと理解できますし、それこそがコミュニケーションの第一の目的ですよね。

生徒さんたちは短期間で、レッスンの70%以上の時間話せるようになります。数ヶ月前は全然英語を話せなかった生徒さんが、今は教室に入ってきて「Hello」と言って座ると、そのまま英語で20分や30分話せるようになっています。彼らの英語は正しいですか?―まぁそうではないかもしれません。 その英語を100%理解できますか?―ええ。できます。

現在の正確ではない英語がいずれスムーズで分かりやすく、文法的にも正しい英語になるでしょうか?―はい、なると思います。 英語を話すことへの自信がつけば、彼らはみんな、自ら文法的な間違いを直していこうとします。だから、リチャード・カールソンやスティーブ・カウフマン、そしてマーク・スミスが言うように、小さなことを気にしすぎないようにしてください。英会話で言うと、英語の教科書に載っているようなことです。まずは話してみること。やればきっと、すごい成果が得られるはずです。

スミス英会話福島校 マーク・スミス

無料体験レッスン (マンツーマン・完全予約制)のお問い合わせはコチラから!
日常英会話を学びたい方にはノーマル月謝制コースがおすすめ!
スミス英会話のブログをチェック

>