国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献

国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献

2015年9月に採択された国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」は、貧困をなくし、地球を保護し、すべての人々が繁栄することを目指しています。ここで掲げられている17の目標は、2030年までに達成を目指す169のターゲットに細分化されています。
17の目標を前にすると、最初は圧倒されてしまうかもしれません。しかし、スミス英会話はそれらの目標を一つずつ見たうえで、私たちなら貢献できると思いました。私たちは大きなSDGsビジョンの一翼を担うことができると信じています。

SDG-logoSDGsの4番目の目標(質の高い教育をみんなに)には、「すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」とあり、ターゲット4.3では具体的に「2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、安価で質の高い技術教育、職業教育、および大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。」としています。スミス英会話では、この部分をサポートすることができると確信しています。

日本が世界における地位を維持し向上させるためには英会話スキルが必要ということは、誰もがわかっています。しかしながら、日本の英語教育は文法やリーディング、ライティングは教えても、スピーキングは個人に任されているのが現状です。そして、その個人のニーズを満たすために民間の英会話スクールが存在しています。

英会話スクールは、英会話を上達させ、英語に自信を持てるようになるためには最高の場所です。ただ、通うにはお金と時間が必要です。スミス英会話では、たくさんの方からここに通いたいという声をいただきます。しかしながら、実際に通う時間やお金がないという方もいらっしゃいます。
SDGsのターゲット4.3「2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、安価で質の高い技術教育、職業教育、および大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。」に貢献するため、スミス英会話では定期的にオンライン英語教材を制作し、英語の問題やミニレッスン、TOEIC用の問題を無料で公開しています。こうした行動は他の行動と組み合わせることはできても、それ自体は大きな絵の一部です。しかし、一人ひとりが小さな一部としてできることをすれば、17の持続可能な開発目標はすべて達成することができると思います。