世界初のワイヤレスバンジー!これって本当?

世界初のワイヤレスバンジー! これって本当?

By Ana スミス英会話福島校

皆さんはバンジージャンプに挑戦したことはありますか?Collinsの辞典によると、バンジージャンプとは「足首にゴムの紐をつけて、橋やビルからジャンプをする“スポーツ”の一種」だそうです。「bungee(バンジー)」という言葉の明確な語源は分からないそうですが、西部地方の方言で「何か分厚くてずんぐりしたもの」という意味の「bungee」に由来するという説があります。また、スラングで消しゴムという意味の「bungie」からきたという説もあります。
バンジージャンプが初めて行われたのは1979年。イギリス南西部のブリストルという街で、250フィート(約76m)のクリフトン吊橋からだったそうです。そしてバンジージャンプが初めて“公の場”で行われたのは1986年。ニュージーランド人のA.J.ハケット氏がオークランドのグリーンヒザ橋で行ったものでした。
最近ではつい数か月前、インターネットに投稿されたあるビデオが話題になりました。このビデオは研究員風のドイツ人たちが「ワイヤレスバンジージャンプ」の実験を成功させるというもの。このバンジージャンプは、磁力を利用したものなんです。磁力は反対の極同士は引き合い、同じ極同士は反発し合いますね。そこで彼らは強力な磁石を4つ、同じ極を上にして四角形を作るように地面に置きます。ジャンプをする被験者も体にマグネットを、地面の磁石と同じ極が向き合うようにつけます。被験者がジャンプするとすぐにマグネットは反応して反発し合い、彼の体を押し上げます。

この現象によって彼は地面に落ちず、まるでバンジージャンプをしているかのように見えるのです。この「ワイヤレスバンジージャンプ」、皆さんは本当に実現可能だと思いますか?
そしてここで3分間のナレーションが流れます。「もし科学とスポーツを融合することができたら、こんな風に…」。いまやワイヤレスは私たちの生活の様々なところに広がっていますが、ついにはスポーツにまで及ぶのでしょうか。
もっとも、物理学者の中には、このワイヤレスバンジージャンプは物理的には可能だという人もいるそうです。

この映像は「ワイヤレス充電器」を宣伝するためにスウェーデンのある有名な会社が作ったコマーシャルですけどね。
今はアイデアにとどまるワイヤレスバンジージャンプですが、いつかこんな光景を見られる日が本当に来るのかもしれません。
スミス英会話福島校 Ana

>