スミス英会話大津校/丈夫でエコな手作りグッズ

スミス英会話大津校/丈夫でエコな手作りグッズ

By Edward   スミス英会話大津校

英会話大津私はいつも、エコな暮らしを心がけています。買い物は地元で。車はあまり使わないように。モノはなるべくリサイクル。

私の自慢は、ゴミを1週間に小さな袋1つしか出さないことです。ゴミを減らすためには丈夫で長持ちするモノを選んで使うようにしています。長持ちするものであれば、すぐ使い古して捨ててまた新しいものを買う、という必要がなくなります。
最近の私のお気に入りは7年使っているSeltzer Goodsのペンです。このペンのおかげで使い捨てのペンを何本も捨てることがなくなりました。先週、私は滋賀県守山にある「ピエリ」に買い物に行きました。ピエリは最近リニューアルされたショッピングモールです。(ピエリでの買い物についてもっと知りたい方はこちら

そこで私たちは素敵なお店を見つけました。もとは兵庫のお店で、全国のハンドメイド商品が売られています。工場で出た革の切れ端、古い家具からアップサイクルした木材、リサイクルした金具と留め具から作られたアクセサリーなど、すべての商品がほぼ100%リサイクル品で作られています。私は、スミス英会話のドリンクバー用にリサイクル木材で作られたトレーを買いました。

もう1つ、私が惹かれたのが古い消化ホースから作られたバッグです。私がカナダや日本でボランティア消防士をしていたとき、破裂したり水漏れした消化ホースがたくさんゴミ箱に捨てられているのを見ました。消化ホースはとてもコストのかかるものです。重いけど柔軟性のある革を強く編んだ布で包んであります。防水加工で丈夫、硬いけどしなやか。丈夫な消化ホースは長く使うのに最高な素材なのです。

このバッグを作っている会社「Hito+ (ヒト・プラス)」は古くなった消化ホースを洗い、切って平らにし、丈夫で格好のいいバッグに仕立てます。このバッグなら一生使い続けることもできるのではないでしょうか。なんてエコで素晴らしいバッグなんでしょう!

>