スミス英会話岡本校/ 日本で英語を教えることの喜び

スミス英会話岡本校/ 日本で英語を教えることの喜び

By Al  スミス英会話岡本校

私はこれまでトータル16年間、日本で暮らしています。最初は1978年から1986年までの8年間、そして2006年から今までの8年間。3つの大手日本企業を経験し、日本で6年間、アメリカで20年間、たまに地元に戻りながらも働いていました。

そして今は、英会話講師として働く神戸で、とても楽しい毎日を過ごしています。2006年以降、私はここスミス英会話岡本校でのべ320人もの方に英語を教える機会をもらいました。様々な経験をもつ幅広い世代の方に出会うことができました。

今週は、錦織圭選手が全米オープンで決勝まで行きましたね。私も生徒さんたちと一緒になって喜びました。特に準決勝の試合は皆さんも夢中になったのではないでしょうか。私は、彼ならではのパワフルなバックハンドに加え、ノバク・ジョコビッチ戦についてのインタビューで彼が英語で堂々と答える姿に感動しました。そのインタビューがこちらです。

Kei Nishikori’s Interview after Beating Novak Djokivic in the Semifinal match

ご覧の通り、錦織選手は通訳なしで、質問されたことに落ち着いて自信を持って答えています。まさに彼は、これからの日本の若者たちが目指すべき姿です。英語や他の語学を学ぶ本当の目的はコミュニケーションをとることなのです。だから、日本の若い人たちには錦織選手をお手本に頑張ってほしい。もっと英語力をつけて、世界を舞台に、落ち着いて堂々と英語を話せるようになってほしい。

私は今、日本にいられてよかったと思います。英会話講師として一番必要とされているこの時期に。そして、日本の皆さんにとっても英語を学ぶには今が一番いい時だと思います。

学ぶことを楽しもう!教えることを楽しもう!そして、毎日を楽しもう!

無料体験レッスン随時実施中!フリーダイヤル0120-222-248又はこちらからお問い合わせください。