スミス英会話橋本校ブログ/ 私の自慢の娘

スミス英会話橋本校ブログ/ 私の自慢の娘

By Jim  スミス英会話橋本校

私の娘Rachaelは、これまでなかなか面白い人生を送ってきました。

彼女の母国語は日本語ですが、最初に話したのは英語でした。Rachaelは1991年に生まれ、アメリカの保育園でアメリカ人の子供たちと一緒に育ち、英語の基礎を身につけました。Rachaelが4歳のときに私たちは日本に移り、彼女は日本の保育園で日本語を使うようになり、それから小学校、中学校、高校、そして大学でも日本語を使っています。小学校では空手を習い、男の子と一緒の野球チームに入っていました。フラメンコも習っていて、彼女と3〜4倍も年の差がある女性と踊っていました。中学ではバレーボール部に所属し、大阪で行われたトーナメント試合では神奈川県の代表に選ばれていました。

高校でもバレーボールを続け、エースアタッカーとして2年連続で全国大会に進みました。Rachaelはかなりのアスリートでしたね。大学でもバレーボールを続けながら、英語を専攻していました。そして今は横浜の美容クリニックでバリバリ働いています。

彼女は空いた時間を見つけると私の英会話スクールに参加してくれます。私はこんな娘を持ったこと、彼女が今までしてきたことをとても誇りに思っています。彼女の未来は明るい。私は彼女がこれからの人生においてどんな選択をしていくのかがとても楽しみです。同時に、私は本当に恵まれた父親だと思います。私の息子、彼女の兄弟も素晴らしい経験をしています。近々、彼のことも書こうと思います。

スミス英会話橋本校では無料体験レッスン実施中!お問い合わせはこちらまで0120-222-248どうぞ。

>