好奇心が旺盛だと英会話力向上が早いって本当?!

好奇心が旺盛だと英会話力向上が早いって本当?!
by Chiharu, スミス英会話大津校

本当です!
人間は、「これは何だろう?」とか「これはどうやって使うのだろう?」というような疑問を持つことで、新しい事を学び成長します。現在、3歳児の子育てをしている私とエドワードですが、子供達の好奇心の強さに日々驚かされます。大人は、ここまで深く物事に疑問を感じないのではないでしょうか。いや、感じようとしなくなってしまったのかもしれません。子供達は、純粋に疑問を持ち、それを様々な形で周りの大人たちに尋ねようとします。言葉が話せない間は、泣き声や顔の表情、そしてジェスチャーを使います。3歳にもなると、大分母国語を学び吸収しているので、言葉を使って質問します。以前、私が書いたブログの記事でもご紹介しましたが、兎に角一日中 ”Why?” とか ”What does it mean?”と聞いてきます(バイリンガルの3歳児がWhy?とかWhat does it mean?を覚えた時)。質問をすることで、新しい事をどんどん覚えてしまいます。

人が学ぶ新しい事柄には、必ず名前やそれを表現する言葉がくっついてきます。それが言語の習得です。

例えば、飛行機を始めて見た子供と大人の会話を見てみましょう。

子供 ”What is that?”
大人 ”That is an airplane.”
子供 ”What?”
大人 ”Airplane.”
子供 ”Airplane?”
大人 ”Yes, that’s an airplane.”
子供 ”Oh! Airplane!”

これは、英語を母国語として学んでいる場合の会話ですよね。では、日本語だった場合はどうでしょう。

子供 「あれ何?」
大人 「あれは、飛行機だよ。」
子供 「何?」
大人 「飛行機。」
子供 「飛行機?」
大人 「そう、あれは、飛行機。」
子供 「へー、飛行機!」

物には名前があり、それがどう呼ばれているのかを、子供は知りたくて知りたくてどうしようもありません。その好奇心のみで、自分の周りにあるものについて学びます。

この好奇心こそが、言語習得の鍵だと私は考えます。

日本で生まれ、日本で育った私の場合、身の回りの物や事柄は、全て日本語で体にインプットされていました。子供の頃から、質問に質問を重ねて培った知識です。それが、中学2年生の時にアメリカのミシガン州で体験したホームステイを通して、ガラガラと音を立てて崩れていきました(アメリカ滞在記~中学2年生の私~準備編)。今まで、「飛行機」だと思っていたものが、”Airplane”だったんですよ!実際に、あれは”Airplane”だと思って毎日を暮らしているアメリカの人々に囲まれた瞬間、衝撃を受けました。中学1年生から、学校の授業として英語を学んでいた私ですが、この短期留学を通して、その言語を産まれた時から使って生活をしている人たちがいる、という事実に感動しました。それからです、私の英会話に対する好奇心が強くなったのは。見るもの全てに別の名前や表現方法があるなんて、面白い!知りたい!………. I became curious……….

アメリカでの1週間を終えて帰国してから、家中の物に英語での名前を貼り付けて回りました。例えば、refrigerator, door, microwave, cabinet, clock, bedroom, bathroom, table, wallなど。中学で学んでいて既に知っている単語でも、全て貼りました。なぜかというと、頭の中では、まだ日本語でしかインプットされていなかったからです。対象物を見た瞬間に、頭に英語での名前が浮かぶようにしたかったのです。物を見て、その名前が英語で浮かぶようになると、今度はそれを使って動作を表現できるようになりたくなってきました。例えば、

“I am opening a refrigerator. ”
“I am taking out a carton of milk.”
“I am pouring it into my glass.”
“I am drinking it.”

自宅での英会話の練習は意外と楽しく、物を英語で見て考えることが少しずつ出来るようになりました。高校生の時に英会話学校に通っていた私ですが、「英語で物を見る」という練習を毎日続けるようになってから、レッスンでの発言回数が増え、より自然に会話を楽しめるようになっていきました。もちろん、好奇心も以前より強くなっていたので、英会話の先生には、”What’s that?” “What does it mean?” “Why?” “How do you do it?” などの質問を毎回投げかけていました。しっかり答えてくれたので、全てをノートに書きとめ、多くのことを学べました。

知らなかったことを知れるというのは、本当に楽しいものです。
言語学習というのは、赤ちゃんの頃に戻って、好奇心のみで一から物事を見直せるチャンスなのかもしれません。

Chiharu、スミス英会話大津校

 

>