Homework # 4 「too ・・・ to ~」

英文を書いたり作ったりするのって大変ですね。前置詞はどれ?be動詞は必要?どの表現がしっくりくるの?と考え始めると、すごく時間がかかってもうヘトヘト・・・。

そんな時、使い回しのきくセットフレーズを丸覚えしちゃえば細かいミスをする心配が格段に減ります!

様々な場面で使い回しの利く表現は、その型紙に合わせて時制、主語、動詞などを少し取り替えるだけで全く新しい(ようにみえる)文章が作れます!

ここで英文を省エネで作成する術を身につけましょう!

今週の表現

This is too expensive to buy.

(これは高すぎて買えません。)

       

(主語) (be動詞) too (・・・) to (~)

(主語) は ・・・ すぎて ~ できません。 /  (主語) は ~ するには ・・・ すぎます。


(・・・)の部分には形容詞が、(~) の部分には動詞の原形が入ります。この構文を直訳すると「~するには・・・すぎる」となるのですが、日本語と同じ語順で「・・・すぎて~できない」と覚える方が使いやすいかもしれません。ただその場合、日本語では「~できない」と否定の表現になっていても、文中に否定の単語「not」は入らないので、注意してください。

「大きすぎて食べられない」「遠すぎて行けない」「速すぎて追いつかない」「小さすぎて見えない」「難しすぎて出来ない」など、いろいろ表現が出てくると思います。普段使いできる表現ですので、意識して使ってみてください。

[media id=124]

[media id=125]

[media id=126]

 

実際に使ってみましょう

(主語) (be動詞) too (・・・) to ( ~ ) because・・・

too ・・・ to ~」を使って文章を作ってみましょう。そのあとにどうしてそう思うのか理由を足してみてください。because のあとは「主語+動詞・・・」のように完全な文章が続きます。

☆  より効果をあげるポイント(効果が倍増するポイント)☆

みなさんが、レッスン中や英語を使う状況で実際に言う(書く)かもしれない文、言ってみたい(書いてみたい)と思う文にしましょう。あなた自身の状況に置き換えて文を作ってみてくださいね。

>