バイリンガル日本へ(生徒さんの和訳例文1)

先日私はスミス英会話の生徒の皆さんに私の書いたエッセイの和訳を頼みました。下記に紹介します。元の英文はここをクリックしてください–>Original English

(生徒さんの和訳 1)

明るい日本の未来とバイリンガル日本に向けて

私はいつも何故日本という国が、アジアで最初の真のバイリンガル国家への変貌を渋るのか自問しています。私から見ればそれはたやすい事であり、又最近の世情から見れば、より緊急を要することになっているのです。

長い間、日本は世界第2位の経済力を保ってきました。だから国民の大多数がバイリンガルになることを目指すのは明らかであり、世界共通語の英語を自在に話したり書いたり出来るように学ぼうとするべきだと思います。ともかくも出来るだけやってみましょう。

日本の人口減少の結果としての国内マーケットの必然的な縮小は、経済衰退を招くと言われています。でも私は必ずしもそうなるとは思いませんし、事実日本が明るい未来を望むなら、そうあるべきではありません。大胆な一歩を踏み出すことが今必要なのです。

考えてみると、高校修了までに生徒たちが基本的な英語の会話と読み書きの能力を身につける教育システムがあれば、それは日本の未来にとって意義深い確かな効果をもたらすに違いありません。 大学入学時に、学生たちはコミュニケーションの基礎が出来ている ので、留学して学位や卒業単位の取得をするという選択肢が広がるし、会社に就職しても、バイリンガルなら今後10倍に増えて行くであろう国際的なビジネス会議にも積極的に参加できるでしょう。日本企業のビジネス経営は加速し、新規ビジネスにより迅速に確実に対応出来るようになることで、日本経済を成長に導くでしょう。

一般的なTOEICでの英語能力評価は、受動的な能力だけなので不十分です。今後は能動的な会話や読み書きの能力が欠かせません。TOEICTOEIC SWテストを提供していますが、これは今後日本人が緊急に必要とする能力を測るのにより適しています。

外国人旅行者の観光誘致という点では、今のところこれを促進するする努力はとても限られているかほとんど無いといっても良いでしょう。大多数の人が英語を不自由なく話せるのが当たり前という状況は、この分野での日本経済を十分に潤すでしょう。日本は外国人に本当に心地よい旅行先になり、10倍増もの外国人旅行者の増加を見込めるでしょう。年間8千万人の旅行者が訪れるフランスに匹敵する国になり、もちろん旅行者たちは多くのお金をもたらしてくれるでしょう。日本は多くの可能性を逃しています。

重要かつ緊急な質問

  1. 日本はバイリンガル国家への挑戦をいとわないでしょうか?
  2. いつ日本はこの重要な一歩を踏み出すのでしょうか?(先にも述べましたが、これは容易く、そして急を要するのです。)
  3. 日本はどのようにして、これを確実に行うのでしょうか?

答:

  1. もちろん、挑戦するべきです。
  2. 今すぐ。
  3. 多くの大学の入試要件を変えて、最低限STEP Grade 2が、入試には必要とする。(STEP Grade 1を、学部によっては入試の要件とする。)

さあ、今日から始めましょう!

Read about this idea other ideas I have for Japan (English)–>

Fun to Live in Japan (Japan’s Future)


Comments are closed