発音

英語を学ぶうえでの難関のひとつは発音です。アルファベットの数は26しかないのに1,000を越える発音が存在するため、英語は世界で最も単純で且つ複雑な言語といわれているのです。スミス英会話枚方校では、生徒さんにはっきりと話してもらうことに重点を置いています。正しい発音で話さないと、聞き手を混乱させることが多いからです。

何年も前なのですが、ある生徒さんがバスの中で起こった話をしたときの事を今でも覚えています。彼女はどうやって転んでケガをしたのかを話してくれていました。私は頭の中でその時の状況を再現しながら話を聞いていました。彼女は立ち上がったときに滑ってしまったのだそうですが、幸い彼女のお母さんが助けてくれたとの事でした。しかし、「その後にどうしたの?」と尋ねたところ、彼女は「服を着た」と答えるのです。私は「何を言っているのだろう?たぶん上着かスカーフが落ちたのかな」と疑問に思ったのを覚えています。そしてその後どんどん混乱していきました。なぜなら、実は彼女はバス(bus)内での出来事を話していたのではなく、お風呂(bath)での出来事を話していたからです。面白いことに、バスという言葉でもお風呂という言葉でも、物語がほとんど終わりになるまで話は完璧に意味を成していて、にも拘らず私が描いていた映像は完全に事実と異なっていたというわけです。

ところで、もしちょっと何かで笑いたいと思っているならこのビデオを見てみてください。アメリカ人のような発音をマスターしたいと思っているある人のエピソードで、私のお気に入りです。

楽しんでくださいね。

Adrian

>