Quiet, Orderly, Meaningful Teams –  ”チーム”の意味とは-静寂と整然の中で-

When does the importance of teamwork begin to enter the lives of the Japanese? Not sure exactly but certainly a long time before the school children in this photo above learned the team benefits of moving quickly, safely and quietly in single file without any adult supervision so as not to disrupt other members of the Japanese Team in the subway.

この写真をみてください。まず皆さんはどのように思われますか。

チームワークの重要性は、いつから日本人の生活に根付いているのでしょうか。

真相は確かではありませんが、上の写真の小学生が、大人の監視がなくとも他の人に迷惑をかけないように、すばやく、安全に、落ち着いて、一列で移動するというチームのすばらしさを学んんだのよりもずっと前のことでしょう。

Amazing Japan. We are teachers but we can learn so much.

日本のすばらしさには本当に驚きます。私たちは先生であっても、学ぶことがたくさんあります。

Here in Japan, in these financially difficult times, the task of keeping high quality English Conversation (英会話) coaching facilities open in an organized, professional and healthy manner has become increasingly difficult for many English Schools.  Yet, Smith’s School is doing quite well with English schools all over Japan running on the monthly tuition fees system (月謝制 英会話). We believe that our ability to continue in these hard times is mainly due to our clear, simple principles and methods combined with our intrinsic desire to do a good job. Whilst it is true that each of our school owners is autonomous and is each an expert in this field of English coaching we also ALL  know we are part of a T.E.A.M. and that this team is contributing in a very positive manner here in Japan. We believe in T.E.A.M.

日本ではここ最近の不況により、体系的・専門的・良心的に質の高い指導を提供することが困難となる英会話スクールが増えています。その中で私たちスミス英会話スクールは、月謝制の運営を続けながら、日本全国で成長することができています。このように私たちが不況下においても成長し続けていけるのは、シンプル明快な経営理念と経営方針とが、よい仕事がしたいという私たちの信念と合致しているからでしょう。それぞれのオーナーが、責任を持って各校舎を運営しているのはもちろんのこと、それぞれが英会話指導のエキスパートなのです。そして、私たちは「チーム」であるということを、全員が意識しています。この「チーム」というのは、日本でも大切にされていますよね。私たちも同じく、「チーム」の力を信じているのです。

Smith’s School of English has only a few core principles and beliefs that are very important to us, T.E.A.M. is one of them.  We like to keep our focus simple and give our principals and core beliefs acronyms whenever we can. For example we do not believe our main task is to teach English. We know that the Japanese Department of Education has already done a good job of teaching theoretical English. We know therefore our work is to take the theoretic education provided by Japan as a base and add to that base the ability to speak English. In other words we know we need to be “C.C.C.” Coaches of Communicative Confidence.   Once we clearly identify that we are NOT teaching English but Coaching Communicative Confidence our job becomes more focused and we do not waste our students time teaching lessons they have already learned at school. We do coach students ONLY what they need to know to become better or should I say Confident vocal communicators.

スミス英会話スクールには大切にされている経営理念と経営方針がいくつかありますが、「チーム」というのもその中の1つです。私たちは常にシンプルに考えたいと思っており、経営理念や経営方針にもそれを反映しています。例えば、私たちの仕事は、英語を教えることではないと思っています。日本は、すでにとてもすばらしい英語教育を行っています。ですから私たちの仕事は、基本的に、日本の方が今まで受けてきた教育をベースにして、そこに英会話の能力を付け加えることなのです。言い換えれば、「C.C.C」、つまり「Coaching Communicative Confidence (自信を持って会話ができるように指導すること)」が私たちの仕事です。英語自体を教えるのではなく、自信を持って英語が話せるように指導するのが私たちの仕事、ですから私たちは、生徒さんがもうすでに学校で習ったことを教えるなんていう、生徒さんの時間を無駄するようなことはしません。生徒さんの英語をもっと上達させるために必要な知識、もっと言えば、生徒さんが自信を持って英語を話せるようになるために必要なことだけを指導しているのです。

We have a few other great acronyms but probably the one that keeps everything working is T.E.A.M. Together Everybody Achieves More.  Smith’s School owners all know that working as a team is far better than working alone. The acronym is not ours nor original, we have borrowed it from other teachings and adopted it to our own lives. The absolute fact that teams work better than individuals is very well known across the entire planet. So many sayings in so many languages over thousands of years have stood testimony  to this fact that teams work.  ”Many hands make light work”  – Heywood, “Sticks in a bundle are unbreakable” from Kenya, “Coming together is a beginning, keeping together is progress.”  ”Working together is success.” – Henry Ford and this last one is one of my personal favourite writers “None of us is as smart as all of us.”  – Ken Blanchard

私たちにはすばらしい基本方針が他にもいくつかあります。しかし私たち全員が期待以上の仕事ができているのは、おそらく、この「チーム」があるからだと思います。

T.E.A.M. チーム

T : TOGETHER (一緒に)

E : EVERYBODY (みんな)

A : ACHIEVE (やりとげよう)

M : MORE (さらに)

スミス英会話スクールのオーナーはみんな、「チームとして働くことは、一人で働くことよりもはるかにすばらしい」ということを知っているのです。ただこの基本方針は、私たちが考え出したものでもなければ、私たち独自のものでもありません。別のところから拝借してきて、私たちのやり方に当てはめたのです。チームが個人よりもよいという絶対的な事実は、この地球上で広く知られていて、様々な言語で、様々な表現で、1000年以上も前から証明されているのです。 「Many hands make light work(人手が多ければ仕事が楽)– Heywood」、「Sticks in a bundle are unbreakable(束にした枝は折れにくい)-Kenya」、「Coming together is a beginning, keeping together is progress; Working together is success.(出会いは始まりであり、寄り添うことは前進であり、共に歩むことは実りである)-Henry Ford」・・・諺もたくさんありますね。そして最後のこちらは、私が個人的に大好きな詩人が書いたものです。「None of us is as smart as all of us(全員合わせた能力には、どんな個人もかなわない)Ken Blanchard

We at Smith’s think we are good at T.E.A.M. and by western standards this is a fact, Smith’s School of English is a well organized team of individuals working towards a single goal.  Our proof, well it is simple while many have failed we have held together and grown as a group with healthy success since 1996. However, we are not the best,  we have room to improve and we are in the right country to learn. There is no doubt the Japanese have T.E.A.M. down to a fine art.  At times it does seem to me the entire nation is a team.  Just last week I had a student arrive a few minutes late to his conversation class at Smith’s School of English Fukushima (スミス英会話 福島) Ignoring his lateness I welcomed in him and offered him a  coffee.  Then I asked,  ”How was your day?” He replied “Boring, no work at all”  We chatted a little more and then I asked, “So why were you late?” He replied “Oh sorry about that I had to stay late at the office”  This I queried “I thought you said you had no work, why did you have to stay late?”  He looked at me a little confused as if the question must be an English trick question as after all,  any Japanese child would know the answer and then he replied “I was bored but my colleagues were working on a serious problem, they stay, I stay, we work together.”

話は戻りますが、私たちは「チーム」としてとてもよい働きをしていると感じます。そして厳しく考えても、スミス英会話スクールは、1つの目標に向かって進むすばらしいチームを形成しているのです。その証拠として、たくさんの人々や企業が失敗している中で、私たちはチームとして助け合い、成長し、1996年以来成功し続けています。しかし、まだ最高だとは言えません。私たちはまだ進歩する余地がありますし、この日本という国から学べることがあるのです。日本が「チームワーク」というすばらしい文化を持っているのは疑いのないことです。私には、国民すべてが1つのチームに見えます。というのもつい先週、スミス英会話福島校で、授業に数分遅れてきた生徒がいました。私は彼が遅れたことは特に気にせず、出迎えてコーヒーを勧め、「今日はどうでしたか?」と聞いたんです。すると彼は、「退屈でした。特に仕事もありませんでしたから」と答えました。それから少しおしゃべりをしたあと、私が「じゃあなぜあなたは授業に遅れたんですか?」と聞くと、彼は「あぁ、ごめんなさい、会社に残っていなくてはいけなくて」と言ったのです。私は不思議に思ってまた聞きました。「さっき、何も仕事がなかったと言いませんでしたか?それなのになぜ残っていないといけなかったの?」すると彼は、少し戸惑ったような、なぜそんな当たり前のことを聞くのだというような顔で、「私自身の仕事はありませんでしたが、私の同僚が問題を抱えていて、その対応に追われていたんです。だから私も残っていたんです」と答えたのです。

Once Again ;

When does the importance of teamwork begin to enter the lives of the Japanese? Not sure exactly but certainly a long time before the school children in this photo above learned the team benefits of moving quickly, safely and quietly in single file without any adult supervision so as not to disrupt other members of the Japanese Team in the subway.

もう一度繰り返します。チームワークの重要性は、いつから日本人の生活に根付いているのでしょうか。真相は確かではありませんが、上の写真の小学生が、大人の監視がなくとも他の人に迷惑をかけないように、すばやく、安全に、落ち着いて、一列で移動するというチームのすばらしさを学んんだのよりもずっと前のことでしょう。

Amazing Japan. We are teachers but we can learn so much.

日本のすばらしさには本当に驚きます。私たちは先生であっても、学ぶことがたくさんあります。

Mark.

>