“Aisatsu Wa Daiji Desune”

Upon arriving in Japan I spoke no Japanese at all. I set to and studied the language and slowly but surely one new phrase after another came into my sphere of understanding.  One of the first phrases I recall hearing a lot was, “Aisatsu Wa Daiji Desune”  Literally the phrase means “Greetings are important aren’t they”  and you hear this phrase being said over and over by the older generation to the children of the nation.  This phrase is ingrained in the tradition and mythology of Japan and is culturally very important to the Japanese across the entire nation. These days I think this phrase alone typifies much of the culture of Japan and this one phrase has changed my life for ever.

日本に来て間もない頃、私は全く日本語を話せませんでした。その後日本語を勉強し始めて、ゆっくりでしたが確実に新しいフレーズを使えるようになってきたのです。私が何度も聞いたフレーズの1つに、「アイサツ ハ ダイジ デスネ」というものがあります。これは、「Greetings are important aren’t they」という意味の言葉で、年配の方が子供たちに言っているのをよく耳にします。日本の文化や神話から根付き、すべての世代の日本人が大切にしている言葉なのです。この言葉は日本の文化を代表し、また私の生活をも変えたと感じています。

Back when I was still in my initial “emergence phase” here in Japan I really wanted to try everything Japanese.  This included putting this phrase “Aisatsu Wa Daiji Desune” to work to try and “Feel Japan”  Although back in my own country I didn’t speak out to people in public very often I decided to give it a try. I began in my own local village. Back then foreigners were still very much a novelty and many people would take a second Glance at me everyday. This made it very easy for me to say shoot out a greeting, “Konnichiwa” (Good Day) .  My language was limited and so I couldn’t go much further than just “Good Day” The response was mixed, some were surprised and turned away, others would return the greeting.

日本に来たての頃、私は何でも日本語で話したいと思っていました。「アイサツ ハ ダイジ デスネ」というフレーズを含め、日本語を使うことで日本を感じたいと思っていたのです。自国にいたときは滅多に人前で話す機会がありませんでしたが、日本ではトライしようと決めたのです。最初は私の住んでいる町で試してみました。当時の日本では、外国人というのはまだ珍しい存在で、私は毎日周りの人から見られていました。おかげで私は「コンニチハ」(Good Day)と言いやすかったものです。もっとも、私が話せる日本語は限られていたので、「コンニチハ」以上のことはほとんど話せませんでした。周りの人反応は2つに分かれ、驚いて逃げてしまう人もいれば、挨拶を返してくれる人もいました。

Time has passed and these days my Japanese is not too bad at all.  About 3 months ago I moved from teaching full time in Smith’s Kyobashi to Smith’s School of English Fukushima. I knew I had a whole new “Aisastu” playground to work and was looking forward to the reactions of this bustling metropolis.  I started from my first day. I put on my best smile and big, clear voice and set off. First off with the JR station staff “Good Morning, Ostukaresama”  (response…confused look), moving along the street I spotted a woman washing the front doorway of a building, “Good Morning, gokurosama, Kirei ni shiteimasu ne” (response- confused look)..Dog on lead with Older lady in tow, “Good Morning, Kawaii desu ne” (Response – “Arigato”)…Shutter stuck half way up shop window shopkeeper in trouble, “Ostukaresama, Isshoni ganbaro, (creak, creak, up it goes) Yoshi…… Ittekimasu” (response – confused look)…Oh yer! Mum with a pram, I look the litte boy right in the eyes “Ohayogozaimasu ”  (Response – Mama says “Ohayogozaimasu”… Nope, no way, none of that,  I look him in the eyes again with my best smile and kindest voice “Aisatsu wa daiji desune” (response, “Hai, Ohhayogozaimasu”  Big smile from Mum and bye bye waves all round.

時が経ち、最近では私の日本語も少し上達しています。3か月ほど前、私はスミス英会話京橋校から福島校に異動しました。その頃には一通りの挨拶ができるようになっていたので、この大きな町での反応を楽しみにしていました。福島での初日、私は最高の笑顔をつくり、大きくはっきりとした声で挨拶をしました。最初に挨拶をしたのはJRの駅員さんです。「Good Morning, オツカレサマ!」(彼は戸惑いながらも返事・・・)、それから道路に出て、ドアをふいている女性に目をつけました。「Good Morning, ゴクロウサマ。キレイ 二 シテイマスネ」(この方も戸惑いながら返事・・・)、犬と散歩している年配の女性にも「Good Morning, カワイイ デス ネ」(返事「ありがとう」)、シャッターが途中で止まって困っているお店の人に「オツカレサマ。イッショニ ガンバロウ!」(ギーギー言いながらシャッターが上がり、)「ヨシ・・・イッテキマス」(戸惑いながらも返事・・・)、・・・まだまだ!乳母車を押したお母さんがいたので、私はその小さな子供に向かって「オハヨウゴザイマス」、するとお母さんが「オハヨウゴザイマス」・・・だめだめ。私はもう一度その男の子に向かって最高の笑顔とできる限り優しい声で「アイサツ ハ ダイジ デスネ」(すると男の子が「ハイ。 オハヨウゴザイマス」)、お母さんも笑顔を浮かべ、バイバイをして帰りました。

This goes on all day with me. When I first started behaving like this I used to make it till about lunch time before my cheeks felt stiffer than  a bride groom on his wedding day.  These days I can keep up the smiles and greetings  until well into the night.

私はこれを1日中続けました。最初の頃は、お昼になると結婚式当日の新郎新婦よりも顔の筋肉が疲れました。最近では夜まで笑顔と挨拶を続けることができます。

It has been 3 months now since my feet landed on the steps at Fukushima station. This morning as I passed through the wickets and the station staff dipped his hat, The lady cleaning the building was out and with a big smile, “Ohayo Mark-kun”  I oiled the shutter two weeks ago and so it doesn’t stick anymore but the owner always waves and says “Good Morning” in English, the Hairdresser on the corner will even put down his scissors to come out and say hello, untold children and mothers wave and say hello. In short I have a marvelous walk to the school everyday. I know and see that these greetings make people smile. I like that a lot. Moreover these same greeting charge me up and make me feel great. I feel like part of a community and a part of Japan.

そして、福島駅に降りたってから3か月が経ちました。今朝は、私が改札を通ると駅員さんがさっと帽子をかぶり、ドアを掃除していた女性は笑顔で外に出てきて「オハヨウ、Markくん」と言いました。2週間前、私は動かなくなっていたあのシャッターにオイルを塗ってあげたので、今ではもう引っかからないのですが、そこのオーナーはいつも私に手を振り、英語で「Good Morning」と言ってくれます。角の床屋さんも、いつもハサミを休めて外に出てきて、挨拶をしてくれます。それからたくさんの子供とお母さんも手をふりながら挨拶してくれます。つまり、私は毎日学校に着くまでに長い距離を歩いているのです。私はこのような挨拶が人々を笑顔にしてくれるのを感じています。だからとにかくたくさん挨拶するのです。そしてこの毎日の挨拶が私を元気にし、うれしい気持ちにしてくれます。私はこの地域の一員であり、日本人の一員であると感じることができるのです。

I love this country and so feeling apart of it just makes my life all the better. ‘Aisatus Wa Daiji Desune”  Give it a try, It may change your life too.

私は日本が大好きですし、日本の一員と感じることは、私の生活をよりよいものにしてくれていると感じます。試してみてください。あなたの生活も変わってくると思います。「アイサツ ハ ダイジ デスネ!」

Mark.

  • […] そのために貴方はどんなことをしていますか? 簡単な方法としては、まず自分から進んで挨拶することです。 このことはスミス英会話の創設者であるマークが、“挨拶は大事ですね” というタイトルで素晴らしいブログを書いていますので是非読んでみてください。 私は兵庫県尼崎市塚口に住んでいますが、お店や街角で出会う人たちにいつも挨拶をしています。 明るい挨拶が返ってきたとき、いつも私はとっても嬉しくなります。 でもマークのあのブログを読んでから、もっともっと頑張らないといけないなぁと感じました。 マークは福島の人たちといつも明るく挨拶を交し合い良い関係を築いているようです。 少なくとも彼の “幸せパワー” は福島の人たちの間に根付いていると思います。 その良い例をマークはブログにも書いていますが、ある美容師さんは仕事中でもマークが店の外を通りかかると、カットする手を止めてドアを開け 「こんにちは」 とマークに挨拶するそうです。 スゴイ! たぶんそのとき、その美容師さんはとても嬉しい気持ちになったと思うし、そのヘアーサロンにいたお客さんにもこの “幸せパワー” は伝わったと思います。 […]

  • >