自信を持って英語で話そう!

2010年9月4日(土)

ここ日本でたくさんの生徒さんに英会話を教えるのは本当に楽しいことです。 スミス英会話塚口校では、生徒のみなさんが “自信を持って英語でコミュニケーションが取れる” 段階まで、またそれ以上のスキルが身につくように、みなさんの英会話力アップのお手伝いをしています。 今の世界では英語は大変便利で、なくてはならないものです。 仕事上でも、海外に旅行したときでも、外国人とのコミュニケーションには英語は不可欠です。 また趣味で英会話を楽しむこともとても素晴らしいことです。 私の生徒さんは全員、レベルは違っても “自分の英語力を少しでもアップさせたい!” という共通の目標を持っています。 ですからそんなみなさんのお手伝いができる私は本当に “しあわせ者” です。 みなさんが楽しみながら目標達成できるように、私は毎日ほんとうにわくわくしながら頑張っています。

日本人の多くは “外国人と英語で話したい!” と思っているのに、“私の英語で通じるかなぁ” と、心配するあまり引っ込み思案になっているのではないでしょうか。

そうは言っても時々、英語で話しかけられることがあります。 昨日も私が学校のビラを配っているときに1人の男性から声をかけられました。 兵庫県尼崎市塚口にある私の学校・スミス英会話塚口校のことをもっと多くの人たちに知ってもらうためにビラ配りをしていたのですが、その人は私に近付いて来てビラを受け取りながら、私の学校はどこにあるのかということと、私の出身国はどこかということを英語で聞きました。 私がカナダ人だと答えると、その人は自分もカナダに住んでいたことがあると言ったので、私はとても嬉しくなりました。 その人が私の学校で英会話を楽しんでくれたらこれ以上嬉しいことはありません。(^・^)

今日、私はいつも行くヘアーサロンへ散髪してもらいに行きました。 そこの従業員の女性の1人はいつも私に単語だけの英語ですが、“これは英語でどう言うのですか?” といろんなことを聞いてきます。 だから私も楽しんでいろいろ教えてあげます。 今日もその女の人が私に椅子をすすめながら 「プリーズ」 と言ったので、私は 「Please have a seat.(どうぞお掛けください)と言った方がいいですよ」 と教えてあげました。 そしたら次に 「“むしむしする”というのは英語で何て言うんですか」 と日本語で聞いたので、私は今度も丁寧に教えてあげました。 私は彼女の英語を学ぼうとする姿勢や努力に拍手を送りたいたいと思います。 本当に素敵です!(^・^)

ビラ配りのときに話しかけてきた男性やヘアーサロンの女性のように、英語を少しでも身近に感じ頑張ろうという人たちに出会うのは本当に嬉しいことです。 またこんな人たちに出会えたらどんなに楽しいだろうと思います。 英会話で、日本人に必要なのはただ “自身を持って話すこと” だけなのです。 スミス英会話では塚口校だけでなく各校が、ご自分の英語に自信をつけていただくお手伝いをし、みなさんに英会話を大いに楽しんでいただいています。

デレック

月謝制英会話のスミス英会話塚口校

https://smithweb.co.jp/school/tsukaguchi.shtml

尼崎市の英会話スクール

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

>