いとしのサボテン

2010年8月4日(水)

<私のサボテンです>

私は子供のときからサボテンが好きです。 みなさんがよくご存知の、触ったらチクッと痛い針だらけのサボテンではなく、表面がいくぶん滑らかなのが好きです。 私が幼かったころ、カナダの我が家で可愛いサボテンを育てていました。 そのサボテンは今もカナダの両親の家にあると思います。 サボテンの寿命は長く、その生命力も非常に強いです。 だからサボテンを育てるのは信じられないくらい簡単です。

3年くらい前だったでしょうか、あれは私の学校・スミス英会話 塚口校が長期の休暇のときだったと思います。 レッスンのあるときはいつも、どうしたら生徒さんが楽しく英会話を学んでくれるかを考えているのですが、休みのときは頭を切り換えフレッシュアップしようと、このときも私は妻と2人で妻の実家の岡山に行きました。 ある日、妻の両親や弟たちと一緒に、え~と名前は忘れたのですが実家からそう遠くない山の頂上まで観光に出かけました。 そしたらそこにある店で、なんと私の大好きなサボテンを売っているではありませんか。 サボテンは面白い形をしていました。 足の甲みたいな形をした茎の部分に、小さくて丸い、まるで足の指そっくりの茎がいくつか横並びにくっついていて、何だか本当の足先がにゅーっと植木鉢からはみ出したようになっていたのです。 私は「もうこれを買わないわけにはいかない!」と思いました。<笑> 私は一番良さそうなものを選び、お金を払いました。 お金を払ったとき、レジの女の人が「私も同じのを育てていますよ。」と言いました!(^・^) へぇこのサボテン人気あるんだ! 帰りの車の中で家に着くまで、後ろのシートに座って大切なサボテンが倒れないかと緊張して大事そうに抱え込んだ私の姿はさぞかし可笑しかったことだろうと思います。 その小さなサボテンは本当に可愛い!としか言いようがありませんでした。 私はそのサボテンに恋をしてしまったようです!(^・^)

<上の写真のサボテン、何かに見えませんか? そうです!誰かが両手を上げているみたいでしょ!(^・^)>

私はそのとき買ったサボテンを塚口まで持って帰りましたが、今でもそのサボテンを育てていて、今日こうしてみなさんにご紹介しています。 2枚の写真がそれです。 そうです、私が買ったサボテンはあのときの可愛さを失い少し“ワイルド”と言ってもいいくらいになっていますが、それでも私にはまだ“いとしのサボテン”のままなのです。<笑> 買ってすぐの頃はその可愛さをキープするために、私は足の指みたいに次々と伸びてくる新芽をカットしていました。 はい、はい、分っています、新芽カットはサボテンにとってよくないってこと。 そこで最後にはカットするのをあきらめてサボテンが伸びるままに任せることにしました。 (もちろん、ときどきは茎が大きく成長して“子サボテン”ができたとき“株分け”のためにそれをカットして同じ植木鉢の中に植えています。)

時の経過とともに“かわいい足”のように見えた私のサボテンは、その茎からまたいろいろ違った形の茎を伸ばし、最初とはずいぶん違う形になりました。 あるときは人間の形だったり、またあるときは動物の形に見えたりしました。 ある日、私と妻はサボテンを見て“手を振るウサギ”みたいだと笑いました。(^・^) それからも私たち夫婦はサボテンの中にいろいろな形を見つけて楽しんでいました。

この間、私の英会話学校にこの楽しいサボテンを持って行ったらどうかと妻が言いました。 理由は2つあって、1つは学校にグリーンがないこと、そしてもう1つは、サボテンは強いので室内でもたぶん育ってくれるだろうということでした。 それに我が家にはサボテンを置く場所がなくなったからでもあるのです。 私も妻の意見に賛成し、先週スミス英会話 塚口校に我が家のサボテンを持って来ました。 サボテンはいま学校の私のパソコンを置いている机の横のキャビネットに鎮座しています。<笑> 大好きなさサボテンを見る機会は、我が家に置いていたときよりも格段に多くなりました。 ある生徒さんが、さっそく教室に置いたサボテンを見つけ興味深そうに、またおっかなびっくりという様子で眺めていました。(^・^) たぶん私が面白い形に見えることを教えてあげたらいいのかもしれませんね。 そうしたらみんな絶対に喜んでくれますよ。 それにこのサボテンを私のレッスンに使ったら楽しいものになるだろうな。 そうだ、サボテンを使ってショート・ストーリーを作って生徒さんの何人かにリスニングテストをしたらどうかな。 う~ん、何とかストリーを頑張って作ってみましょう! 何年も愛し続けたサボテンが、私の学校でも元気に育ってくれることを願っています。(^・^)

デレック

月謝制英会話のスミス英会話 塚口校

https://smithweb.co.jp/school/tsukaguchi.shtml

尼崎市の英会話スクール

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。

>