英会話上達!英語を耳で聞くこと・口に出すこと。

私達スミス英会話の講師としての仕事は、生徒の皆様に「英語を話す自信をつけてもらう」事です。「英会話」を通じて私達は皆様に自信をつけていただけるよう毎日努力しています。

最近、日本青少年研究所による調査によってある事がわかりました。6173人の学生を調査すると、日本人の高校生のうち70%が“教科書を使ってそれにそって勉強する授業”を好み、30%の学生だけが“教科書などを使わず会話(フリートーク、ディベートなど)を楽しむ授業”を好むという結果が出たのです。

アメリカや韓国、中国などに比べて私たち日本人は“はっきりと話す”事に少し消極的であるといえます。今後いろんな場面で世界各国と競争していったり、各国の交流をもっと深めるためにも日本人は積極的に“話す”ということが不可欠となってくるでしょう。そのためのお手伝いを私達はしていきたいと思っています。

スミス英会話では、皆様にまず無料体験レッスンを受けていただいているのですが、やはり先程書いたような“教科書を使って机に向かう勉強”では英語を話す自信にはなかなかつながらないと実感した出来事がありました。それは・・・

まず「英語を話したい。英語がうまくなりたい」という強い思いを持って無料体験レッスンに来られたお二人の方、彼らはカリキュラムの中のモーニング・ルーティーン(現在形を使った質問に答えていく)を行いました。まず出された質問に彼らは答え、そこから話は広がり、段々英語での会話も弾んできました。スミス英会話のレッスンモットーである“皆さんにより多くの時間英語を話していただく”ということが実践できました。彼らはそのレッスンを気に入っていったようで、うれしいことにその場で入会されました。

中には、「会話を楽しむレッスン」より、どんな教科書を使っているのか?にこだわる方もいらっしゃいます。もちろんそういった方はレッスン中、私達が投げかける質問にもほとんどYesかNoかでしか答えず、それよりも教科書はあるのか?どんな内容か?などを聞きたがります。教科書がなければ準備ができないと仰られる方もいらっしゃいます。

生徒様に余計な費用を負担していただかない為にスミス英会話では「教科書」というものを用意しておりません。皆様にどんどん英語を口に出していただく為に独自のカリキュラムをご用意しております。

私は日本での21年間のうち13年間英語教育に携って、ずっと思い続けていることがあります。それは教科書を見ながら“英語を口に出す自信”は身につかないということです。

だって、単語をたくさん知っていても、自信がなければ話し出す事はできないでしょう?

Comments are closed