Bluewater英会話Teacher

マークスミスはここスミス英会話京橋校 でフルタイム講師として生徒様に英語を教えています。1989年に来日し、日本で英語を教え始めました。

彼にはずっと前から水への愛がありました。 彼は、PADI公認の「Master Scuba Diver」のライセンスを持っています。よく裸足で水上スキーのレースをしていました。そして、ここ日本ではシュノーケルを使って海へ潜り、サザエを採ったりと幅広く楽しんでいました。

しかし彼はダイバーだけではなく、もちろん船員でもあります。若い頃オーストラリアで16フィートの小型ボートに乗り、よくレースをしていました。これくらいの大きさのボートです。

しかし今ではそれよりもっと大きなボートで航行しています。今日のボートは“ロキシー”と呼ばれ、全長10メートル、2980キロの重量があります。もちろん清掃やメンテナンスなどもが彼が行います。しかしこれだけ大きなボートですからとても大変な作業です。

ほら見てください。

彼が2月に清掃を行っている様子です。写真はコチラ

こちらのほうがわかりやすいかもしれませんね。手がすごく寒そうでしょ!?

船員達は、彼の人生のすべてのように多文化的です。 この日、船にはドイツ、カナダ、イギリス、日本そしてフランスからと世界各国の船員が集まりました。

もちろん、船の上での公用語は英語です。

マークと船員達は大阪ベイエリアの周辺でレースをしていますが、一番見つけやすいのは西宮の関西ヨットクラブでの”Whitesail”船隊のレースだと思います。

「船に乗りたい方はいつでも歓迎するよ!!」マークはそう言います。この写真は1月のレースの間に撮られたものです。

マークの船“ロキシー”は強い風にあたり、大変難しい状況でした。船でのレースはお互いの協力、信頼関係が必要になるチームスポーツなので、彼はこのスポーツが一番好きなのです。

“Team”この言葉は4つにわけることができます。

T.E.A.M

つまり Together Everybody Achieves More

みんなで一丸となって達成しよう!

これは人生におけるすべてにおいて非常に大切なことであると彼は言います。“ロキシー”で航行チームを作るのに5人の船員が必要なように、たくさんの生徒さんとたくさんの講師陣によって私達「スミス英会話」つまり英会話学校という名の偉大なチームができあがっているのだと思います。

>