ニュージーランドからKia Ora!(2010年2月のお知らせ)

スミス英会話の皆さま、特に寒いと言われる日本の冬、いかがお過ごしでしょうか。

私は暮れに一時帰国しましてから、飽食三昧で3kgも体重が増えてしまい、久しぶりに会った友人に開口一番“どうしたの?と聞かれたくらいでした。

お正月はダラダラ動かず、ダラダラ食べるという非常に不健康になりがちですね。

やはり、その前に大掃除などでしっかり体力使っておくべきでした。反省、反省。

久しぶりにお会いしたスミス英会話Alex先生もお元気そうで、二人でカレーを食べながら大いに盛り上がりました。お腹も!

再び今月16日にこちらニュージーランドに移動しいきなり真夏の世界。それでも朝は15度くらいなのにバスではガンガンエアコンがかかっていたりするので、むしろ防寒対策が必要なこともあります。とはいえ、職場の同僚のこんがりと焼けた肌は、“夏です!遊んできました!”とアピールしているかのようでした。

以前にも触れましたが、相変わらず、スクールホリデイ中は…お母さんたちは半日しか働かないとか、子供と一緒に休むとか、子育て支援とはこれよ。と日本政府に訴えたいくらい、国や社会からサポートされています。誰もそれに文句を訴える人はおりません。社会の中の極普通の現象として公認されているようなものなのです。子育てするにはニュージーランドはお勧めの国です。

ご本人のブログがきっかけでNZに移住して来られたある日本人一家と娘共々家族ぐるみのお付き合いになったのですが、お父さんは、激務で家庭を顧みる暇もなかった元銀行員。あるきっかけから4歳の一人息子の将来のためにと一家で移住を決行して来られました。あれから5年、現在、9歳の男の子はいつも笑顔で、元気いっぱい。こんないつも満面の笑顔の子は日本では減ってきているのでは?と思うくらい笑顔の印象的な可愛い男の子です。いろいろな国のお友達の中で文化の違いに対して偏見を持たず自然に国際人として育っている様子ですが、そんな環境でも日本人としてのアイデンティティーも失わせたくないというご両親の教育方針にもしっかりと応じていて、この海外育成型日本男児がどう成長していくのかと今から楽しみです。

また、去年はホームパーティーにご招待され、奥様のプロはだしの手料理をごちそうになり、時間を忘れるほど楽しい時を過ごしました。また、彼女の通訳レベルの英語力にもビックリ!なんでも英語が好きで日本にいた頃から得意だったのだとか。外国にいけば、なんとかなるというより行く前になんとかしておいた方がより上達するという見本のような方でした。スミス英会話の生徒の皆さん、皆さんの学んでいらっしゃることはいつか、きっとこうして実ることでしょう。くじけず、頑張ってくださいね。

さて、このお父さんの書かれているNZの移住生活の現実と愛情溢れる子育て、ビジネスへの情熱を盛り込んだ興味深いブログをぜひ、ご覧くださいませ!

異国の地での0からの再出発で、山あり、谷ありの中でも小さな幸せに大きな喜びを見いだしつつ海外生活を謳歌している様子が本音で綴られていて、思わず、拍手です!

http://antiquebuyer.blog106.fc2.com/blog-entry-167.html

ちなみに、このアットホームな写真は手前がホームステイ中の学生さん、後方がそのご家族です。

スミス英会話奈良西大寺校の日本語のメインサイトはこちら

>