冬、小さな男の子に必要なもの

冬の季節、小さな男の子に必要なものは何でしょう。暖かくて心地よい場所?幸せな家庭?凍えそうなほど寒く長く続く冬の毎日を、笑いの絶えない日々にするには何が必要だと思いますか?

答えは・・・iフォン!!!! でもかわいそうな事に、ここにいる小さな男の子はiフォンを持っていません。毎日毎日ご主人様(妻)にお願いしてるのに。どうやら、iフォンを手にするまでに最短でもあと4か月はかかるようなのです。

言うまでもなく、ここ最近の私はiフォンの為ならいかなる努力も惜しんでいません。暗にほのめかしたり、お願いしたり、全力を尽くして頼み込んだりしてきたのですが、金融決定権を持つ妻の気持ちはいまだに岩のように堅固なままです。

ある日妻は、冬のボーナスをもらったとメールしてきたので「おめでとう、僕のかわいいiフォン」と返信したのですが、それに対する妻の返信は・・・何もありませんでした。完全に無視を決め込まれてしまいました。わざわざソフトバンクのホームページを検索してウェブ上の宣伝文句を妻に見せたこともありました。「この広告見てよ。“みんなにiフォンを”て書いてある」と。でもこの時も妻の心を動かす事はできませんでした。ホームページからiフォンの案内をプリントアウトして(全2ページ)、分かりやすいように妻の化粧ポーチに忍ばせ、仕事先でも気付いてもらえるようにしました。私は彼女がiフォン情報を入手する手間を省いてあげてるのに、それでも彼女の心は動きませんでした。今までまでこれほどまでに全力を尽くしてきたので、少し疲れてきました。

ホームページの宣伝文句は“みんなにiフォンを”と掲げられていましたが、真の意味は・・・“みんなにiフォンを (ジェリー除く)”です。

(でも、まだ諦めません!)

Jerry

>