ニュージーランドからKia Ora!(2009年8月のお知らせ)

海外での仕事に憧れ、ニュージーランドに来てから早くも先月で丸2年が経過しました。初めの1年目は何をするにもオドオドと自信の無い中にも”誰も殺して食べはしないであろう”という極端な慰めでなんとかクリア。2年目は仕事や住環境に慣れてきたせいか、”なんのために家族と離れてこんな遠くに一人でいるのだ?”と少しホームシックになりながらもアッという間に過ぎ去りました。4月からは娘が来たお陰で、賑やかになり、随分外を出歩いたり外食する機会が増えました。そして今回遂に自分の国籍以外の国の永住権を手にすることができました!申請してから1年ですが、これはかなり順調な方でしょう。ともすると北京まで面接に行くことを要求されることもあるようですが、書類提出のみで認可されました。永住権の申請には多くの書類を揃えなければならず、多くの人は弁護士やコンサルタントに依頼するようですが、お金の節約のために自分で申請しました。そしてほぼ書類を整えたものの、やはり疑問点がいくつか残り、その際にはスミス英会話奈良西大寺校のAlex先生に授業の合間を縫って、チェツクしてもらいました。アドバイスは実に的確でお陰で自信満々で申請することができ、確かに書類上の問題は一切問われませんでした。Alex先生はVisaコンサルタントもできるかもしれませんね!Medical Laboratory Scientistの申請、電話面接のための準備やアドバイス、そしてWork Visa申請、永住権申請とこれまで重要な局面で何度Alex先生にお世話になったことでしょうか。正にAlex先生なしには成しえなかったことです。本当に感謝に堪えません。ありがとうAlex先生!

さて、今月は少し遅れて8月に入ってしまいました。実は先週末に娘と二人引っ越ししたために、…後かたずけで忙しく、疲れでパソコンに向かう元気がでませんでした。

今回引っ越ししたのはAucklandでも最も賑やかな通りと言われるQueen Street添いの

4星ホテルのキッチン付きのスィート。賃貸ではあるもののホテルの持つサービスはほとんど利用できる快適便利な暮らしとなり娘も私も大満足。今日はコートをクリーニングに出すのにフロントへ預けるついでに郵便物はどうして受け取るのかと聞くとコンシェルジェチームが部屋まで届けてくれるのだとか。ごみも部屋の前に置いておくと適宜持って行ってくれる。観光や、困ったことなどあればコンシェルジェに相談できるし、ルームサービスもOK。ほとんどゲストと同じサービスなのに賃貸だから部屋代は格安。なんだかすっかりセレブな気分です。毎週アパート探しをしていたためにすっかりアパート事情通になっていて、ここを一目見た時は即決で決めることができました。シンプルで高価な調度品、大画面のTVにSKY TV,エアコン、水道代込で週360NZ$。ベッドにいてもリビンのソファに座っていても海が眺められ、反対側にはスカイタワーがそびえ立ち、部屋からバンジージャンプを見ることができ、傘なしで買い物もできる絶好のロケーションです。それにしても高校卒業して即留学、4ケ月で永住権を手にし、10代でこんな暮らしができる娘が羨ましい。私が学生の頃は風呂なし一間の古いアパートだったなあと思い出されます。写真は冷蔵庫が以前のより大きくなって嬉しいキッチン部分です。では、9月のKia Oraはビックリニュースが待っているかもしれません。

Comments are closed