<携帯電話の失敗談>

2009年4月26日(日)               

私の家族は全員“ドコモ”携帯を使っています。 NTTドコモは携帯電話の無線通信サービスを提供する日本最大手の企業です。 私、私の妻、妻の弟、そして妻の従姉妹でドコモのファミリー割引プランに加入しています。

 

“シーツ”事件

何年か前、我が家の3階のベランダで…シーツのほこりを掃っていたときのことです。 何ということでしょう! そのシーツの中に私の携帯が隠れていたのです。 アッと思ったものの、もう手遅れで、私の携帯は見事<>下の生垣まで滑り落ちてしまいました。 あ~ぁバッテリーが本体から飛ばされてバラバラになってるぅ! きっと何か硬いものにぶつかったんだろうなぁ<ガッカリ>! 

でも奇跡的に私の携帯は“けな気”にもまだ使うことができました・・・ちょっと怪しいですが。 私は新しい携帯を買うまでバッテリーパックの上からテープを貼り、我慢して使うことにしました。 私の妻の弟(私と一緒に写っているのが弟です)にその話をすると、彼は笑い転げてしまいました。

遂に家族で新しい携帯を一緒に買う日がきました。 私の“あわてん坊”ぶりを知っている妻は、私にドコモの保険に入るように言いました。 その保険は携帯をなくしたり壊したりしたときに保証してくれる“優れもの”で、しかも月額たった315円なんです。 「それは良い!」と思い、一も二もなく保険に加入しました・・・私だけ<>

 

“携帯がなくなった”事件

私のマンションの玄関には小さなベンチがあります。 私は靴を履いたり脱いだりするときにそのベンチを使っていて、ときどき携帯をその上に置いたままにすることがあります。 そしてそのベンチの横にはゴミ箱を置いています。

何ヶ月か前の夜、私は仕事から戻りマンションの玄関で、携帯の受信メールのチェックをしていました。 そのメールの相手は私に「パソコンにメールを入れたので見てください」と書いてきました。 私は靴を脱いで、急いでパソコンの前に行きました・・・そのベンチに携帯を置いたまま・・・しかも受信画面を開けたまま・・・私がその携帯を見たのはそれが最後でした。

その夜、寝る前に私は翌日がゴミの収集日だったことを思い出し、我が家のゴミを外の指定の場所に出しに行きました。 

そのあと私は携帯がないことに気付きました。 玄関はもちろん家中をさがしましたが見つかりません。 私は家の電話から携帯にかけてみました・・・いつもはこの方法ですぐ見つかるのに・・・今回はどこからも私の携帯の呼び出し音はしませんでした。 私の携帯は家の中のどこかに絶対あるはずなのに呼び出し音が聞こえないのは“マナーモード”にしていたにちがいない、明日ゆっくり探そうと、その日は疲れたので寝ることにしました。

次の日は妻も一緒に携帯をさがしてくれました。 昨日と同じように、家の電話を使って携帯にかけてみましたが、何度やっても何処からも呼び出し音もマナーモードのかすかな音もしませんでした。 2人で手分けしてこんなに家中を探し回っても“ない”ということは、ベンチの上に置いた携帯が横にあるゴミ箱にスルリと入ってしまったのだと思い始めました。 たぶん慌てていた私がうっかりゴミ箱に落としてしまったのでしょう。 ゴミを外に出してから携帯のないことに気付いたのだから、夕べ携帯に電話したとき道理で音がしなかったわけだ。 道に置いたゴミ袋の中でリーンリーン鳴っていたのでしょう!(^.^) 暗い道でゴミ袋の中から突然、携帯の呼び出し音が鳴っているのを想像してみてください・・・ちょっとコワイですよね!(^.^) 私が携帯を捨てるわけもなく、たぶん“携帯なくなった事件”のいきさつはこうゆうことだったのでしょう。

携帯に保険を掛けていたので、妻はさっそくNTTドコモに電話をしました。 NTTの人は私の携帯にGPSが付いているので探してみましょうと言ってくれました。 が、それでも携帯は見つかりませんでした・・・私の携帯は尼崎市のゴミ処理場のどこかにあるのでしょうか・・・(^.^) 

保険のお陰で出費は抑えられましたが、それでも新しい携帯を手にいれるのに8,000円も支払わなければなりませんでした。 私たち夫婦は2年間の月払いで約50,000円の携帯代を支払っていく契約をしていました。 もし私たちが保険に入っていなかったら、当たり前のことですが、新しい携帯を手に入れたとき、古い携帯の契約が終るまで並行して支払い続けなければならなかったのです・・・もうその携帯はどこにもないのに・・・

あ~保険に入っててよかったぁ!

 

“あっ携帯轢かれた!”事件

おととい私の妻の弟は、友達の家に行ったとき携帯を落としました。

弟は友達の家に着いたとき携帯をなくしたことに気付き外に出てみると、なんと携帯は前の道路の真ん中に落ちているではありませんか。 弟はすぐにでも取りに行きたかったのですが、その道路は交通量が多く・・・ただ見ていることしかできませんでした。 悲しいことにその携帯は弟の目の前で車に轢かれてしまいました。 “オ~ノ~!”携帯はバラバラです。

弟はそのバラバラになった携帯をドコモショップに持って行き、「直りますか」と冗談で言ってみましたが、店の人は、「できませんねぇ」と笑いながら言いました。 弟は残念なことに保険に入っていませんでした・・・

今日、弟は2年契約で新しい携帯を手に入れましが、保険に入っていなかったので、前の契約が終わるまでその分も一緒に支払っていかなければならないそうです。 弟はこれに懲りて新しい携帯には保険を付けたと言っていました。

 

私からのお奨め

もし貴方がドコモの携帯にするなら、私は是非ぜひ保険に入ることをお奨めします! 

本当に役立ちますよ!(^.^)

デレック

スミス英会話塚口校

 

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。