英語は何故日本人にとって難しのでしょうか。Why is English So Hard for Japanese Students?

何故日本人にとって英語はそんなに難しいでしょうか。私は30年前に日本語を学んだアメリカ人です。下記のような理由があります。下記はパート 1です。パート 2 次回までお楽しみです。

 

  1. 日本語と英語の語順は違います。例えば英語のSVOのパターンに対して、日本語の語順はSOVです。First, Japanese and English have completely different syntax or word order.
  2. 英語の文法に必要なものの中には日本語には存在しないものがあります。例えば、前置詞と冠詞です。加算と不加算名詞が英語にありますが、日本語にはありません。文章を作るときその文章に使う主語や目的語などが加算名詞か不加算名詞かを見分けて冠詞の “a” “an”又は “the” が必要か否かを決めなければならないのです。日本語にはそいうものがないから、英語は面倒くさく感じます。English grammar requires things that do not exist in Japanese. For example there are prepositions and articles. Also, English has countable and uncountable nouns. These do not exist in Japanese. When making an English sentence, you have to recognize whether the subject or object of the sentence is countable or uncountable to determine if an article such as “a”, “an” or “the” is needed or not. As such things do not exist in Japanese, English seems to be too troublesome.
  3. 英語は文法句動詞と熟語を含んでいます。どちらも日本人の英語の生徒にとって難しいです。文法句動詞は簡単な英語動詞です。例えば“put”, “take”, “get”, “look”, “find” などを簡単な前置詞と組み合わせたものです。English includes Phrasal verbs and idioms. Both are difficult for Japanese students. Phrasal verbs include a simple verb such as “put”, “take”, “get”, “look”, “find” etc. combined with a preposition.

スミス英会話岡本校 Al

Advice on How to Improve Your English

>