ニュージーランドからKia Ora!(2009年2月のお知らせ)

さて、暗いニュースの多かった昨年から2009年も幕が開け、100年に一度と言われる大不況にこれから社会に出て行かれる学生さんたちや、これから進路を考える高校生の皆様の中には不安を抱えている方もおられることでしょう。

ところが、不景気の中でもあまり影響を受けない業種の一つに“スクール業界”も挙げられるようです。つまりショッピングや海外旅行に費やすお金を将来に備え、自己投資に回そうという自己防衛本能のようなものが働くのだそうです。不景気のときこそ、備えとして教育にお金をかける。確かに勉学に励んでいるときはお金を使う暇はなく無駄使い防止策にもなるかもしれません。他の資格取得同様、英語を学ぶことも自己投資の一つだと思います。グローバリゼーションは今後更に加速、進化していくと言われる中で、世界の共通言語とされている英語を学ぶことが役に立たないという要因は…見つかりません。いろいろな業種で海外との接点はありえます。まだまだ世界に知られていない優れた日本製品や技術や文学、芸術などがあり、これを世界に発信する道具としてどうしても英語が必要とされます。日本はこれらにおいて実に優れたものを持った国だと確信を持っています。そのためには英語を単に入試や学生時代の科目として終わってしまうのではなく、業種に関わりなく、社会人になってこそ磨いていってほしいと願います。私のように何げなく続けていて、ある日突然、その機会に恵まれることが今後の社会では大いにあり得るのです。

しかしながら、英会話も行けば先生がなんとかしてくれるという受け身では上達しません。むしろ、先生を話し相手に“利用する”くらいの能動的な態度が求められます。レッスンまでに、たくさん、話題を用意して、間違っても良いから話す。そして直してもらう。私はすでに英語環境のなかでどっぷりと浸かり、仕事をしているものの誰もいちいち私の英語を訂正してくれる暇な人はいません。お互いに理解さえできていればOkの世界です。間違っても後で気づいたり、気がつかないままでいることも多々です。このままではいつかきっと赤恥をかくなと思っているので文法や語彙も含めて、自学自習は必要だと感じています。英会話教室は生徒に話す機会と聞く機会を提供するばかりではなく、すぐに間違いを訂正してもらえる環境が整っています。つまり先生は常に生徒に“英語を正しく学んでもらおう”と意識して話を聞いているからです。スミス英会話の生徒さんの中には高校生で学び始めて、希望する外語大に進学し、在学中にすでに塾で英語を教え始めたという“ツワモノ”もいらっしゃいます。そんな英語のプロを目指す人から小学生までいろいろなレベルの方々が学べるいろいろな教材が用意されています。

スミス英会話奈良西大寺校のAlex先生は大手英会話の非常勤契約の外国人教師とは違い、教室オーナー兼教師として英語教育に本格的に取り組んでいる数少ないNativeの英語教師です。ここに来るまでの努力は並大抵のものではなかったと思います。若いのに偉いなあといつも感心しています。

New Zealand92%が中小あるいは零細企業ということもあり、教育環境が整っているにも関わらず、卒業後の就職先の少ない状況が長く続いているという問題を抱えています。またこの国の就職状況が日本と大きく異なるのは年齢の若さより多くはキャリアや即戦力を求めるという企業側の募集条件にあります。そのために卒業した若者のほとんどは英国やオーストラリア、カナダなどの英国連邦加盟国などへと流れていき、そこでキャリアを積んで帰国するというパターンとなっています。

彼らは容易に海外への留学先や就職先を見出すことができます。なぜでしょうか?つまり言葉の壁がないからです。英語が話せるということは就職先や勉学が国内限定というよりはるかに大きな可能性を持っているわけです。私は日本も日本語も大好きですが、残念ながら日本語は日本以外では通用しません。生まれた国だけが貴方を幸せにしてくれるとは限らないと思います。また、NZの素晴らしいところはキャリアがあれば年齢を問わないということから中高年になってこそ就職に有利という環境です。50歳を越した私にもすでに正職員の話があります。ところが豊かなはずの日本はいくら資格やキャリアがあっても一度退職した後の再就職は厳しいのが現実です。地球が狭くなった今日、年齢やキャリアや条件、希望に応じて世界を渡り歩く、そんなことも夢ではない時代の到来です。既に英語を武器に国際的に活躍している日本人は多数います。不景気が叫ばれるこのときこそ、充電期間とポジィティブに捕えていつか役に立ついろいろな“潜在能力”を身につけましょう!

さて、写真は私の近所の散歩道です。ハーバー添いにはいつも美しいヨットが並んでいます。帆を膨らませて船出するヨットのように夢を膨らませていろいろなことに挑戦する人々を応援しつつ、自分自身も頑張りたいと思います。

Non

5 Replies to “ニュージーランドからKia Ora!(2009年2月のお知らせ)”

  1. ノンさん こんにちは。
    タイのツアー旅行へ行ってきたMNです。
    無事に楽しい旅行から戻ってきました。
    今までにも海外旅行は行ったことあるけれど
    英会話を習ってから初めての旅行です。

    身体は飛行機がその国まで運んでくれるのですが
    言葉の壁があってなんだかとても不安です。
    タイ語は話せませんが、簡単な英語は通じました。
    フリータイムにはアレックス先生お勧めの
    オリエンタルホテルでのお茶とケーキ。
    目をむくほど高価でした。
    しかし、そのホテルへ行くのに主人と私とふたりだけで行動。
    電車の切符を買うときは駅員さんに聞き、方向が分からないので地図を持ちながら、いろんな人に道を尋ねながらの冒険でした。タイ語がわからないので英語が頼りでした。
    英語を習い始めた時、「Hi!」も言えなかったのに
    旅行中は出来るだけ英語で話すように頑張ってきました。
    こんな体験が出来たのも英会話を習い、アレックスからのお勧めの宿題があったお陰です。

    今回のノンさんのブログをうんうんとうなずきながら読んでいました。
    日本人は言葉の壁さえなければもっと理解してもらえると思うことあります。
    言葉を習うって相手の国の文化も習うって気がします。
    物事の考え方の組み立てとして英語はシンプルなのだろうかと思いはじめています。
    MN

  2. MNさん、お帰りなさい。
    タイはまだ、行ったことがありませんがタイ料理は大好きです。
    ただし、パクチーを除いて。私は香港のペニンシュラホテルに泊り、そこの名物のアフタヌーンティーをいただきましたが・・高かったです。でも二人分くらいあって友人とシェアすれば良かったと思いました。
    華やいだかっての植民地時代の面影を残す名門ホテルでしたが、ベッドのスプリングの素晴らしさたるや雲の上で寝ているようでした。そこで、どこの製品かと尋ねたら、ナント!Made in Japanでした。シモンズベッドは夢のベッドですよ!
    話は逸れましたが、海外旅行はこれまで学習してきたことを生かす絶好の機会となりますよね。特に個人旅行は現地の人々との触れ合う機会もあり、単に見て回るだけのパッケージツァーより思い出に残ると思います。行く前に挨拶程度の現地語も学んでいくとウケルかもしれませんね。英語の方が組み立てはシンプルなように思います。でも何しろ発音が難しい。時々、なんで歯と歯の間に舌を挟まないといけないのか?危険ではないか?と思います。
    Non

  3. 語学学習は受身ではいけない、というのに同感です。
    勉強するのは自分しかない。
    いくらAlex先生がスゴ腕英語教師でも、
    45分間に教えられることは限られています。
    私は英会話スクールは”練習試合”の場所だと思っています。
    だからレッスンからレッスンまでの自主トレが不可欠です。
    自分でできる基礎練習はしておく。
    アルファベットをわざわざネイティブの先生に習うのはもったいないですから。

    でも、私はNonさんのようにたくさん話題を用意することはできません。
    もっぱら復習重視です。
    政治経済に興味がなく、家事と育児に追われるばかりの私。
    猛烈に話題が乏しいです。
    Alex先生がくれたヒントをもとに、家で関連記事を読んだり、文法事項を確認したりします。ちょっと受身ですね。

    自分の中に言いたい事がないと、何語ができても何も喋られないので、新聞や本を日本語でたくさん読む必要性を感じています。

    さあ、次の”練習試合”では勝てるでしょうか。
    私もがんばります。Nonさんも無理しないていどにがんばってください!

    マユーミ

  4. マユーミさん、いつもレスありがとうございます。
    おっしゃる通りだと思います。レッスンは本番で、舞台裏は自宅ということにするとより、ワクワク感が増すかもしれませんね。
    “ヨシ!本番ガンバルゾ!”みたいな。でも相手がいるだけに自分で書いたシナリオ通りにはいかないところがアドリブ力を養うことにかるのかと思います。ありきたりの話でも少々脚色つけたって良いわけです。“夫はブラピにそっくりで・・とか”証拠写真は求められないと思うので言った者勝ちです。
    子育ては人生の一大事業。お子様も英語を学べる年齢になったら一緒に楽しんでも良いのではないでしょうか?
    最近、私は写経のように雑誌などの英文を丁寧に書き写すことを始めました。
    分からない単語に出会ったら赤で書きその後ろに日本語の意味を書くということをしてますが、これが結構楽しいのです。
    いろいろな表現やライティング、語彙などの力がつくように思えます。
    “楽しい”が一番なので自分の“楽しいやり方”を見つけられると良いですね。
    Non

  5. 初めまして(^^)
    mocoです。
    Alexから随分前にこのブログを教えてもらっていたのですが
    仕事以外でPCを使う時間をゆっくりもてずに、今になってしまいました。

    私は昨年の4月に4か月程の語学留学から帰国しました。
    30代半ばで、英語の初歩すらも知らない状態でのチャレンジでした。

    留学中に、日本の会社の就職あっせん業者から話を聞く機会がありました。
    何人か日本人の生徒に声を架けて話を聞いたのですが
    「日本の企業が嫌だから」「日本人みたいにめいいっぱい働きたくない」とか
    言ってる人が多くて、そのセミナー担当の人がズバッと言ってました。
    「海外で必要とされるのは、若さも必要だが、それ以上に
    キャリアと自分がアピール出来るスキル!」だと。
    英語を学ぶ事で、語学以外にも自分の知識を広げてくれるなぁと思いました。

    留学日記をwebを使って書いていたのですが、帰国した時
    友達が泣いてくれた程の波乱万丈生活でしたが、色々な意味で
    勉強にもなったし、たどたどしい言葉でも会話する事で色々な国の色々な物に興味を持てました。
    いつかまた海外生活と勉強から学べる事を沢山経験したいと思ってますので
    ぜひぜひその時はアドバイス宜しくお願いしますo(^-^)o

    まずはmocoの挨拶まで(^0^)b

Comments are closed.