ニュージーランドからKia Ora!(2009年1月のお知らせ)

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

残念ながら転職したての私はお正月に帰国するほどの休暇が取れず初めて、NZのお正月を迎えることになります。

家族と会えないのはとても寂しいのですが、3月には帰国する予定なので今しばらくの辛抱です。去年来たばかりの頃はついに夢を叶えられたということでエキサイトし、寂しく感じる暇もなかったのですが、今年はどうしたことでしょうか?余裕がでてきたのか、あるいは外国暮らしが目新しくもなくなったせいか、ホームシック気味です。3月には娘がこちらに留学する予定なので、一時帰国後は娘と一緒に戻ってくることになります。

家族はしばらく二分されますが、娘の将来のことを考えてのことなので、夫も納得の上の計画です。こんな理解ある夫はなかなかいませんね。感謝です!

さて、12月には勤務する研究所主催のクリスマスパーティーがありました。パーティー会場はなんと…競馬場の室内観覧席の大広間という日本では考えられないロケーション。

約500人もの盛大なるパーティーにはここぞ!とばかりにドレスアップした女性たちが、美しく華を添えていました。こうなると男性陣は単なる“のんべえのおっさん”でしかありません。生演奏あり、ダンスありでしたが、私たちはもっぱら、おしゃべりしながら飲む、食べる。何しろ何カ国もの人々が集まるので話題も国際的。ジンバブエがどうの南アフリカがどうのと日本にいるとあまり話題に出ない国の名前が出てきます。Kiwiは海外に旅しなくても世界中の人々と話ができていいですね。というと全くその通りだという返事が返ってきました。そうこうしているうちにあっという間に11時を過ぎてお開きになり、皆それぞれに家路に着きました。

南半球で過ごす初めてのお正月は当然ながら真夏。とはいえ、汗ばむなどという猛暑ではありません。緑が更に色濃くなって実に美しく、バカンスに適した気候と言えるでしょう。車があるともっと気軽にあちこち観光して周れると思うのですが、何しろ15年も運転してないゴールドカード保持者。ここでの免許を取ることも考えましたが、昨今のオイル高を考えると、私にはまだまだ贅沢品と感じます。電車とバス、タクシーが主な公共の交通手段となりますが、バスは予め、インターネットで出発地と行先の住所と入れると料金とスケジュール、最寄りのバス停、ルート番号が分かるので、乗るときは“何ステージ”とドライバーに告げ、先に料金を支払う仕組みです。バス内でのアナウンスや表示が一切ないので、初めての際は地図と首っ引きで降りるところを自己判断しないといけないので結構、サバイバルな体験となります。日本の公共機関では利用者が困ることのないようにいろいろな手段が講じられています。NZの公共サービスはまだまだ後進と感じられる一面です。しかし、人間、便利さに安住すると生物の本来あるサバイバル感覚を失うので、多少の不便は自分が利口になる機会とポジィティブに捕えています。世界にはバスがあるなんてすごい!なんて地域もあるのですから。外国で暮らすということはその国での生活力を磨くという経験ができます。また、未体験ゾーンでひとつひとつ問題をクリアしていくことは生きる自信に繋がっていきます。『興味はあるけど、まだ始めていない』そんなことがあったら、まず、1歩踏み出すことをお勧めします。その中からきっと生涯、続けていける何かが見つかります。それがもしスミス英会話ならAlex先生は両手を広げて

Welcome to the English world!”と歓迎してくれることでしょう。そして、少人数のクラスではいろいろな職業、年齢を超えた楽しい話題が尽きません。英語という共通の言語を介して、いろいろな人々と出会い、会話を楽しむ場所でもあります。特別英語を勉強する必要性はないけれど、なんだか毎日がワンパターンなんて方にも良い刺激となり、目標を持つことで生活に張りが出てきます。私もまだまだがんばりまーす!

皆様、どうか良いお年をお迎えください。

Alex Stanciu

アレックス スタンシュー

Smith’s School of English Nara – Saidaiji

月謝制 スミス 英会話 奈良 - 西大寺校

https://smithweb.co.jp/school/saidaiji.shtml 英会話 西大寺 奈良市

Comments are closed