ニュージーランドからKia Ora!(10月のお知らせ)

Non at Kansai Airport!

スミス英会話の皆様、ニュージーランドからKia Ora(マオリ語でこんにちは!)

2007年の5月までスミス英会話 Alex先生の下で学んでいたNon(愛称)

と申します。Alex先生に英会話を教えていただいたのは…たったの1年間。習い始めた当初はなかなかNativeのスピードに慣れずにレッスンの途中で頭がぼーとしてきて、半分聞き取れれば良いくらいでした。ところがレッスンが進むにつれ、あろうことか!いつの間にか英語を日本語に訳さず理解している自分に気が付くようになったのです。Alex先生は何か魔術でも使っていたのでしょうか?まあ、その辺の事情はこれから毎月1回のこの”Kia Ora from New Zealand”と共にお届けしようと思います。今回はその第1回目、留学経験の無い私が50歳を過ぎて、英語圏で仕事を得たサクセスストーリーを交えながらニュージーランドの情報などもお伝えして参ります。

今年は事情により3ケ月の長すぎた夏休みを日本で家族と共に過ごし、今、再びNZで

独り暮らしが始まったばかりです。写真は関西空港での1枚。ちょっとふざけていざ、国際社会へ出陣!といったポーズのつもりです。18歳、23歳の二人の娘に理解のあり過ぎる夫を置いて外国で働くというのは正に状況は出陣と言えるでしょうか。

私の職業は臨床検査技師、そしてその中でも細胞診検査(がん細胞などを検査する)を専門とする細胞検査士として長年フルタイムで働いてきました。実はこの資格とスキルが今回の夢実現の柱となったのです。海外で通用する資格やスキルは海外で働きたいという方には恵まれた労働条件と就職に強い味方となります。細胞検査士には国際資格というものがあり、これで就職も可能ですが、近年はその国の資格を求めるようになってきました。ニュージーランドではMedical Laboratory Scientistとしての資格が求められます。

2006年に私はAlex先生の助言を得ながら、その資格登録を試みました。必要とされる多くの書類に加えて最も大変だったのは卒業した大学の40数ページにも渡るシラバスの翻訳でした。ヒーヒー言いながら完成させて、NZへ向けて発送した郵便局からAlex先生へ

“I have just sent documents to NZ!”とメールを送ったことが思い出されます。その続きは次回の”Kia Ora from New Zealand”(11)をぜひご覧くださいね!

Alex Stanciu

アレックス スタンシュー

Smith’s School of English Nara – Saidaiji

月謝制 スミス 英会話 奈良 - 西大寺校

https://smithweb.co.jp/school/saidaiji.shtml 英会話 西大寺 奈良市