日本でホットドッグ

2010年4月15日(木)

日曜日は、兵庫県尼崎市塚口にある私の学校・スミス英会話塚口校での私の大好きな英会話講師の仕事も休みです。 先週の日曜日もいつものように休みだったので、私は妻と2人で尼崎のコストコ(アメリカで生まれた会員制大型スーパー)に行きました。 私たちはそこで色々なものを買いましたが、ホットドッグ用の細長いロールパンやホットドッグの中身になるものも買い込みました。 買い物のあと、私たち夫婦はコストコの中にあるフード・コーナーで夕食を済ませることにしました。 私たちは空いている席を見つけ、妻にそこの席取りをしてもらっている間に、私が食べ物と飲み物を注文しに行きました。 私が買ったものを持って妻の待っている席に戻ったとき、妻は日本人のご夫婦と相席をしていました。 そのお2人はとても感じの良い人たちで、私が席に着くと、ご主人の方が私に話しかけてきたので、私は喜んで一緒に話をすることにしました。 そのご夫婦は大阪の吹田市千里山に住んでいて、コストコにはその日初めて来たということでした。 以前、千里山に住んでいたことがある私は嬉しくて話が弾みました。 私は自己紹介も兼ねて私の英会話スクールの名刺を手渡し、私の学校は尼崎市の塚口にあることと、千里山にもスミス英会話があることを話しました。 そのご主人は英会話に興味がありそうに見えました。 私はいつかこの人がスミス英会話に来てくれたらなあと思いました!

コストコのホットドッグは、売り場でのトッピング・サービスがありません。 ホットドッグを買った人は自分でトッピングのコーナーに行って、自分の好きな物を好きなだけホットドッグの上にかけて楽しむのです。 そのご夫婦が帰ったあと、妻が私に言いました。 私が席に着く前に、そのご夫婦もホットドッグを買って妻が待っていた席に相席されたのですが、そのとき彼らはホットドッグにケチャップ、マスタード、ピクルスなどのホットドッグには欠かせないトッピングがセルフサービスであることを知らないようだったというのです。 そこで妻はトッピングコーナーがどこにあるかを親切に教えてあげました。 ご主人は妻に、教えてもらったお礼を言ってから自分たちが買ったホットドッグにトッピングをして美味しそうに食べていたそうです。 妻はまた違う席で、小さな女の子がホットドッグをトッピングなしで食べているのを見ました。 ダメダメ! そのホットドッグはトッピングもなしできっとパサパサだったに違いありません!(^^) 

日本ではトッピングがしてあるホットドッグはあまり食べられていないのではないでしょうか。 生徒さんの何人かは家でもトッピングをしてホットドッグを食べているのを知っていますが、それは珍しいのではないかと思います。 私は何種類かのホットドッグをマクドナルドでも売っているのを見たことがありますが、日本の人たちにはあまり馴染みがないように思われます。 このブログでみなさんにホットドッグの正しい<>食べ方を分っていただけたら嬉しいです!

昨日私は家でランチにピクルス、ケチャップ、マスタードがのったホットドッグを食べました。 私は家でもトッピングをしてホットドッグを食べます。 美味しかったですよ。 私は長い間ホットドッグを食べていませんでしたが、トッピングたっぷりのホットドッグは本当に “旨かった!” です。 私はときどきランチにホットドッグを食べるのが好きです。 私が食べたホットドッグの写真を右に載せましたので、どうぞご覧ください。 

さあみなさん!美味しいホットドッグを楽しみましょう!(^^)

デレック

月謝制英会話のスミス英会話塚口校

https://smithweb.co.jp/school/tsukaguchi.shtml       尼崎市の英会話スクール

ここをクリックすると英語でもお楽しみいただけます。