スミス英会話枚方校/ 英語科の学生に英会話は無用?


英語科の学生に英会話教室は無用?

海外からの様々な情報や商品が、瞬く間に海を越えて容易に入手できるようになり、海外旅行も特別な事ではなくなってきている今、「外国」はどんどん近くなっているように感じます。そして多くの人が、語学ができたらいいのに・・・と感じていると思います。私も、これからの時代は英語力があれば有利だろうと思っていた一人でした。もともと英語が好きだったので、外国語に特化している大学の英語科に入学しました。しかし、無意識のうちに私はある思い込みを抱いていて、卒業間際までの数年間、その思い違いをし続けることになります。

在学中は英語関連の授業が全体の8割ほどを占めていて、大変ながらも楽しく通っていました。文字通り英語漬けの日々だったので、「これだけ毎日英語に触れていたら、もう十分に決まっている、英語力が伸びていないわけがない」と思い込んでいました。いえ、実際は「十分か、不十分か」、「伸びているか、伸びてないのか」なんて考えることすらありませんでした。なにしろ、「英語学習は当然十分で、英語力は当然伸びるのだ」と信じきっていましたから。語学大学に通っているというだけで安心し、毎日授業を受けてさえいれば自動的に英語が話せるようになると思っていたのですが、実際それは、問題集を買っただけで試験勉強をしているような気になってしまう「都合の良い勘違い」と同じことだったのです。

​私の成績は決して悪い方ではなく、授業をサボることもなかったのですが、それでもいよいよ卒業が近づくとクラスメイトと、「卒業しても世間に英語科卒だなんて言えないよ私!」とワーワー騒いだのを覚えています。世間では多くの人が、「外国語大学卒=英語ペラペラ」と思っていますが、私やクラスメイトはそれから程遠かったのです。実際、卒業旅行でアメリカに行ってもレストランに入る勇気などあるはずがなく、ここなら大丈夫だろうと思って入ったマクドナルドでも、乏しい英会話力が原因で注文してない商品まで買うはめになり、えらくへこみました。

​もちろん在学中にしっかりとスキルを習得して、卒業と同時に第一線でバリバリ英語を使いこなしている方もいます。これこそが多くの人が持っているイメージなのでしょう。残念ながら私はそんな格好の良い社会人デビューはできませんでした。就職したホテルでお客様に英語が通じず、外国語専攻でないのにソツなく英語を使いこなす同僚に助けてもらったこともありました。その時の悔しさが、英語学習を再開するきっかけになりました。

​今になって、毎日英語に浸るというのと、実際に習得して使えるところまで持っていくというのは別物だったのだと分かります。上達したとか、していないとか、当時は何も考えずただ「外大生である」ということだけに安心して甘えていたのだと思います。私は、その甘えの原因、せっかくの貴重な時間を勘違いしたままで過ごしてしまった原因は、大学生時代に自分の英語力が本当はどの程度通用するのかを、学校の外で試そうとしなかったことにあると考えています。なので、その経験から、学校以外の場所で英語を使い、自分の語学力がどれだけ通用するのか確かめる場所を作ることをお勧めします。学校で毎日授業を受けているので自分には必要無いと思われるかもしれませんが、例えば英会話教室に通うことで、自分の実力が本当はどの程度なのかを客観的に測ることができます。語学力に自信のある方はその確認のため、自信のない方は自信をつけるため、です。もしそこで思ったよりも意思疎通が困難だと感じたなら、もっと自由にラクに喋りたいという思いが新たなやる気に繋がるでしょう。

​胸を張って言うべきは、「英語を勉強しました」ではなく「英語ができます」だと思います。人生英語が全てとは言いませんが、英語が人生の中に新しい世界を開くきっかけになるのは確かだと思います。もはや受験のための英語を勉強する必要がなくなった方は、今こそ心置きなく実用英語の習得に向けて舵を取ればいいと思います。せっかく多くの時間を掛けて勉強してきたのですから、あと一歩、それを実践で使えるところまで踏み込んでみてはいかがですか。

→スミス英会話枚方校ホームへ戻る