スミス英会話京橋校 クリスマスパーティー


X'mas Party

This year’s Christmas party had an extra friendly atmosphere. This year’s party was different from last year, as there were only Kyobashi students attending. This made the made a little more familiar as well, because each student already knew a greater number of people. Something that also aided the atmosphere was how the students all got to contribute by bringing some food to share. And there was so much food! A vast mix of foods was represented, for example yakitori, kara-age, cheese, plenty of gyoza and a few people brought sushi. There were also some homemade dishes, such as salad, onigiri, shumai and some much talked about homemade bread. On the sweet side of things there were maple and caramel popcorn, cakes and Mister Donuts. There was a great interest in the different varieties of food, and everyone was quite happy to try lots of different things.

今年のクリスマスパーティは普段にも増してアットホームな雰囲気の中行なわれました。去年のパーティとは異なり、今年は京橋校の生徒様だけをお招き致しました。京橋校でお互いよく顔を合わせたことのある生徒様同士だったため、更にアットホームな雰囲気が作り出せたのではないかと思います。他にも、参加する生徒様が各自何か料理を持参して皆でシェアする持ち寄りパーティという形式もそういった雰囲気作りに貢献したのではないでしょうか。本当にたくさんの料理が揃いました。焼き鳥、からあげ、チーズ、たくさんの餃子、お寿司などとても豪華なラインナップでした。それに加えて手作りの料理も並びました。サラダやおにぎり、シュウマイ、そして以前から話に聞いていた焼き立てパンまで!デザートには、メープル&キャラメルポップコーンやケーキ、ミスタードーナッツもございました。たくさんの料理に興味津々で皆様色んな味を楽しんでおられました。

Some of the teachers went shopping at local businesses for decorations, presents for everyone, and some extra food, including fresh fruit. Not that we needed any extra food, we found out later! The teachers decorated the Kyobashi School during the day between lessons before the party, and wrapped Christmas presents. Glitter adorned the room, and each of the tables had the classic red Christmas poinsettias. Of course the Christmas tree was all decorated and shining as well. Even a snowy reindeer had a place on one of the windows.

パーティ前、スミス英会話京橋校の外国人の先生達は飾り付けや生徒様へのプレゼント、フレッシュフルーツなどの食べ物を買いに出掛けました。でも、実際そんなに追加で食べ物を買う必要はなかったようです…後で気がつきました。そして先生達は授業の合間を縫って、スミス英会話京橋校の飾りつけをしたり、クリスマスプレゼントのラッピングなどをしておりました。キラキラした飾りが部屋に飾られ、各テーブルにはクリスマスの赤いポインセチアが置かれました。もちろんクリスマスツリーも同様にキラキラした飾りで覆われていました。そして窓には一体のトナカイが描かれていました。

During the evening we had some noncommittal activities that gave everyone a chance to win some chocolate, biscuits and other goodies. The first one had everyone guessing how many chocolates were in a big glass jar. Some people tried to work this out mathematically, but as fate would have it, a student who simply guessed who won them all.

パーティの間、チョコレートやビスケット、その他にいろんなグッズが当たるちょっとしたゲームを行ないました。一つ目は大きなガラスジャーに入ったたくさんのチョコレートの数を当てるというゲームでした。生徒様の中には数学的に考える方もいらっしゃいましたが、結局一番近い数を書いた生徒様はただ単純に思いついた数字を書いたという方でした。これもやはり運ですね。

As usual, it was really good to see students interacting with one another outside a classroom setting. People moved around a lot to talk to many different people. This may have been due to Gavin’s ingenious strategy of placing different types of food in different places of the room, encouraging people to move around regularly in order to not miss out on something delicious. Whenever new students arrived, a new wave of eating enthusiasm came over most people.

普段と同様、授業以外でもこういった生徒様同士の交流があるという事はとてもよい事だと思います。皆様おいしい料理を逃すまいと歩き回って色んな方とお話されていらっしゃいました。違う種類の料理を別々のテーブルに配置するというGavin先生の計画が成功したのでしょう。そして新しく生徒様が到着されるごとに、新しい料理に対する好奇心が増していったようです。

The arrival of two longtime students of Kyobashi school was particularly noted. Not only did they bring the much loved Pooh Bear cake, but also some specially Christmas imported hot German Gluhwein. It was particularly thoughtful that they brought a thermos of already heated wine, as well as the bottle for everyone to be able to look at to see what they were drinking.

昔からスミス英会話京橋校に通って下さっている2名の生徒様が来られました。とっても可愛いプーさんのケーキだけでなく、クリスマスの特別なドイツのGluhweinというホットワインも持ってきて下さいました。先に温めて魔法瓶に入れてあり、すぐ飲めるようにして下さいました。更にどんなワインか知っていただく為にボトルまで持ってきて下さいました。