スミス英会話上新庄校ブログ:スイーツなお話し(オペラ編)

今回はお菓子のお話をちょっとしたいと思います。(英語と全然関係なくすみません。。。)

私自身特に嫌いなお菓子は無いので、何が一番好きと聞かれると結構迷います。ただ気になるお菓子と聞かれると一番に浮かぶのは、オペラと言うフランス菓子です。もともとこのオペラは1950年位にパリにある有名な洋菓子店がオペラ座をイメージして作られたとの事ですが、オペラ座をイメージしただけあり、チョコレート、コーヒー、アーモンド、バーターと贅沢(当時は特にと思いますが)な素材がベースになっています。私がオペラのことを知ったのは、修行時代にチーフから頂いた本でした。写真が一つも無い変わった本で、材料や、道具の名前がフランス語で書かれていたので、慣れないうちは、なかなか理解するのが大変でした。

この本の最初に出てきたのがオペラでしたが、製法の説明が、それまでお菓子の本で見てきた、『イチゴショートの作り方』の様な『オペラの作り方』ではなく、“ビスキュイジョコンドの~”“ガナッシュの~”“クレーム オ ブールの~”(専門用語ですみません。。。)と言った感じで、一体オペラは何時作るの???状態でした。又写真も無く、あるのは手書きでのケーキの断面図だけでしたので“これは一体何なんだ???と謎は深まる一方でした。”

ある日おもいっきってチーフにオペラの事を尋ねると“オペラはシロップばびしょびしょにぬらんばんけんな!!(ちなみに天草弁でシロップを沢山塗らないといけない!と言うことです。。。)”と言いながらオペラを作って頂きました。
チョコレートクリームとコーヒー風味のバタークリーム、そしてコーヒーのシロップが沢山打たれたスポンジのケーキで個人的には“うまかぁ~”でしたが、他の方にはちょっと味が重いかなと思いました。その後、熊本、福岡のケーキ屋のオペラを食べたりしましたが、どこのお店のも、美味しかったです。

因みに、ここスミス英会話上新庄校でもクリスマスパーティーの時に生徒様から、強いご要望があった為、頑張って、久々、『上手くいくかな~』と心配しながら作ってみましたが、無事成功!!皆様から、『オペラ美味しい~』とご好評頂けました。
 

最近では、顧客の嗜好の変化、又は製法の複雑さからか、あまり見かけなくなってきたかな、と思いますが、『フランス菓子店』と書いているところには、だいたい置いてあると思いますので、機会があるときは是非食べてみてください!!他のケーキよりもちょっと小ぶりで、上品な装いのケーキです。あ~こんなお菓子もあるんだ~と何か新しい味の発見があるかもしれませんよ!

Yuichi

月謝制スミス英会話上新庄校